かしわのブログ

3定、一般質問始まります

本日9/19から、一般質問が始まります。
登壇者は8名で、日程と通告内容は以下の通りです。

19(水)13:00〜
佐山議員「高齢者施策について」
小橋議員「一般行政」
長谷議員「教育行政について」、「福祉行政について」、「人にやさしいまちづくりについて」

20(木)13:00〜
岩井議員「一般行政」、「教育行政」
早坂議員「適正なごみ収集体制の確立について」、「花の拠点整備について」、「街路樹の管理指針について」
猪口議員「環境行政について」

21(金)13:00〜
柏野「近隣被災地の支援について」、「会計年度任用職員制度の運用について」、「部活動の外部指導者制度について」、「ごみ処分手数料改定について」、「花の拠点整備におけるパークPFIについて」
藤田議員「国民健康保険税について」、「災害対応・防災行政などについて」、「廃棄物行政について」
という予定です。

通告の詳細はPDFをご覧ください。

1809_一般質問通告書(全員)

平成30年第3回定例会

台風、地震の影響もあり、日程も一部変更となりましたが、明日(9/12)から第3回定例会が始まります。
本日(9/11)は議会運営委員会が開催され、議案の取り扱いなどの決定を行いました。
1809_第3回定例会日程表

いつもと大きく違うのは、今回は災害対策本部が設置されているということもあり、執行部側から作業服での本会議出席についての協議依頼があり、議会側も含めて、作業服での対応を決定しました。

そのほか、議案はこちらです。
https://www.evernote.com/shard/s28/nl/3059311/2369b5a3-a430-408d-988b-e36590c0088a/
(個人情報の記載があるページは削除しています)

パークPFIによる便益施設の整備

全国若手市議会議員の会の総会、研修会で小倉に来ています。

小倉といえばリノベーション・スクールということで、他のみなさんが駅前のビジネスホテルに宿泊する中、一人、タンガテーブル(https://tangatable.jp)という古いビルをリノベーションしたゲストハウスに泊まっています。

空き家を活用しながら、地域に雇用を生み出すという考え方には非常に共感をしていて、恵庭においても「古い建物にたくさんのお金をかけて更地にして大規模開発」という方法ではない提案をしてはいるのですが、そもそもそれを進める主体が必要であって、行政のやり方とはなかなかマッチしないようです。

それはさておき、
北九州市は、昨年都市公園法が改正をされ、都市公園における公募設置管理制度(P-PFI)の全国初の事例である勝山公園があります。「全国初」という事例は、華々しいのですが、地元での評価は、「コメダ珈琲ができただけ」とそれほど高くありませんでした(ごく一部です)。

そんなコメダ珈琲で朝食をとりながら、恵庭で実施される際には、どのような工夫ができるのか、考えています。




公募条件など
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/05900132.html

選定結果
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/05900144.html

マーケットサウンディングの結果
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/05900124.html

議運視察、大津市BCP(業務継続計画)

7月24日から議会運営委員会の視察に来ています。
1日目は、マニフェスト大賞でも名高い大津市。


(議場に設置された大型モニタ)

(執行部用のサブモニタ)


全国で初めて、市議会としてBCP(業務継続計画)を策定しました。
滋賀県には海がなく、もともと災害も少ない地域ということで、比較的災害への備えは弱かったということで、東日本大震災やその後の豪雨災害などを経て、災害時の議会の弱みを、議会全体で共通の認識として持つようになり、策定に至ったとのことでした。

内容については、こちらに計画本文も掲載されております。
http://www.city.otsu.lg.jp/gikai/kaikaku/1459820289720.html

全国初めてであり、行政でも同種の計画を作っていなかったために、大学教授の指導を受けて、策定を進めたということです。
基本的には、市の災害対策会議の設置に合わせて、議会のBCPも発動されるという仕組みになっており、独自に議会側のBCPのみが先行するということはないそうです。
BCPが発動された場合には11名の代表者が招集され、連絡系統は事務局の担当職員2名に一本化をされるとのこと。

災害時の対応となれば、何重にも備えをすることが必要だと思いますので、個人的な見解としては事務局の他に、議員による連絡系統を複線として用意しておくことも必要ではないかと感じました。

また、通信に関して、基本的にはクラウドによるグループウェアを使って、連絡や写真の共有を行うということでした。
本州と北海道では通信環境などが違うということもあるのかもしれませんが、十勝の豪雨災害のときには、一部の地域で通信ができない状況もあったように聞いています。
通信についても、携帯やタブレットが使えない事態に備えたバックアップが、北海道においては必要かもしれません。

いずれにしても、最初から、完全な対策はないはずで、平成26年に策定した大津市が、すでに見直しを行っているように、定期的な訓練と実証を積み重ねながら、改善を図っていくということが必要なんだろうと思います。
恵庭でのBCP策定に向け、非常に参考になる視察となりました。


(議席に備えられた折りたたみ式ヘルメット)

(質問席にはHDMIの接続端子があり、タブレットなどがすぐ使えます)

加えて、最近の視察の際には、議会図書室も見学させていただくことにしています。
創刊当初からの議会だよりのバックナンバーがすぐに閲覧できるなど、すっきりと整理されていて、非常に使いやすい印象を受けた図書室でした。

平成30年第2回定例会始まります

本日は議会運営委員会。
議案の取り扱いを決定し、明日から定例議会が始まります。



6/12(火)13:00から、市民希望の会の3名が
続けて質問を行います。

13:00〜 猪口さん
14:00〜 前田さん
15:10〜 柏野
となる予定です。

今回のテーマは以下の3つです。
1.社会教育の振興と市民活動支援の推進について
2.公民連携事業における議会議論について
3.ごみ処分手数料改定の積算根拠について

いよいよごみ料金の具体的な数字が出てきました。
本当にこの数字でいいのか、少し細かくなりますが、数字を検証していきます。

公共施設の複合化が進む中での、社会教育、市民活動の推進のあり方と、施設利用料の減免のあり方などなどなど。
お時間ありましたら、ぜひネット中継などでご覧ください。


日程表と議案、一般質問の通告は以下の通りです。

第2回定例会日程表
1805_2定日程表(公開)

第2回定例会議案
https://www.evernote.com/l/ABxgfLN5uChMD4o2L4WXdXR4v0lHbjB6twM

一般質問の通告はこちらです。
https://www.evernote.com/l/ABxsvj7poKRHCrMWqVtR0hT9lK2dX6hpDqc

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: PPPはPublic Private...
  • kashiwano: 大変申し訳ありません。...
  • 百鬼丸: コメント残せませんが・・・一方通行の政治 ですね~(笑)
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。いつも応援して...
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。質問なのですが...
  • kashiwano: 競馬に関して、外れ馬券を経費として...

このページのTOPへ戻る