かしわのブログ

2009年5月の記事一覧

ブーケトス、プレゼンテーション公開中

昨年から始まった、市民活動支援制度「えにわブーケトス」の

公開プレゼンテーションが9日に市民会館で開催されました。


広報に挟まれた紙や、各団体の申請用紙などが参考になりますが、

http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1210820149852/index.html

やはり、団体の方の言葉で活動内容を聞くことは判断の材料になると思います。



あいにく、9日は都合が悪くプレゼンテーションの会場に足を運べなかったのですが、


そのときの録画映像を市役所1階の市民課ロビーで流しているそうです。

会場に行けなかった方も、ぜひプレゼンテーションの様子などをご覧いただき、

市民活動を応援する投票をお願いします。


http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1213244590635/index.html

ダッシュ政権塾、3期生募集中!!

私も運営に関わっている民主党北海道のダッシュ政権塾が
第3期生を募集しています。

http://www.minsyu.net/dash/dash.html


今、国会のほうでは、各政党が世襲制限を議論していますが、

多様な属性の人によって議論されるのが健全な議会だと

思っています。


普通の人が選挙に出るために、そのきっかけとなる学びの場を

提供するのも政党のひとつの役割ではないでしょうか。



私は国政の民主党には大きな期待をいただいています。

でも、今の民主党が完璧であるとは思いません。


多くのみなさんの声をいただくためにも、政党もみなさんとたくさんの

接点を持つ必要があると思います。



この塾を通じて、さらに開かれた民主党を。

第3回臨時会招集

5/8(金)に臨時議会が招集されました。
議案は5/1(金)時点で机上配布されておりました。

付議されたのは、
(1)恵庭下水終末処理場機械設備工事の請負契約の締結について
(2)厚生消防常任委員会付託案件審査報告

の2件です。

下水関連は大きな契約なのですが、これまでも「専門性が高い」という理由で
入札参加業者は多くありません。

素人目ながら、あまり競争性が働いていないように感じてしまうのですが、
ではどうすれば、という代替案は持ち合わせていません。

議案はあさってのお昼までにアップロードします。


5/8(金)
10:00 議会運営委員会
13:00 本会議

第3回臨時会の結果

議案の公開が遅くなり申し訳ありません。


img697.pdf


第3回臨時会の議案です。



臨時会の議案は、前に書いた2件。


(1)厚生消防常任委員会付託案件審査報告

(2)恵庭下水終末処理場機械設備工事の請負契約の締結について


です。



(1)

4/28の厚生消防常任委員会で「公的保育制度の改変に関する意見書の提出を

求める陳情書」が審議されていました。


img698.pdf


公的に保育を支えることは絶対に必要です。

今の全国的な待機児童、保育所不足などに対して、国が積極的に取り組むことは

必要ですが、私は全てを国や自治体が担って保育所を新設・増設すべきだとは

考えていません。


保育所最低基準の見直しは、子どもの福祉の後退とされていますが、地域が

地域の実情に応じて、自治体でルールづくりをすることが、分権の時代にも合うもの

だと私は考えます。


例えば、地価が高く、待機も多い東京の都心部と恵庭では一律に同じ施設の面積で

ある必要はないということです。


また、現行では「保育に欠ける」子どもだけが保育所入所の対象で、

家計を支えるために仕事をする必要がある人にとっても、先に仕事が決まって

いなければ「待機」にならないという矛盾もありました。


これらを考慮すれば、現状を維持して予算だけ増やせば解決するという問題ではなく、

今回の陳情には賛成できないと判断したところです。



採決では、

賛成(7人):前佛議員、林謙治議員、田中匡四郎議員、林嘉男議員、寺田議員、

行沢議員、榎本議員


反対(16人):

川原議員、川股議員、長谷議員、大野議員、鹿野議員、高橋議員、野沢議員、

小野瀬議員、伊藤議員、谷川議員、恵本議員、柏野、田中芳憲議員、宮議員、

鷹羽議員、遠藤議員


で不採択となりました。



(2)

今回の工事の議決は、すでに平成21年度予算の中で議決されているものを

請け負う業者が決定したことの審議でした。


郵便入札による事後審査型条件付き一般競争入札という仕組で入札が

行なわれ、落札率は93.6%でした。

単純に数字だけで見ると低いとも言えませんが、これまでと比較すれば


落札率自体は多少下がっています。


全会一致で可決です。

和光市の未来に

特に埼玉県在住の方へ


5/10に和光市長選挙が告示されます。


これまで何度か勉強会でお世話になった松本たけひろさんが

立起を表明しています。


http://www.matsumoto-takehiro.com/index.html


どこのまちも、財政は厳しいです。

将来を見据えたときに、なんでもかんでもできるわけではありません。



具体的な約束が書かれた、松本さんのマニフェスト。

そして、それを実現できる行動力。


http://www.senkyo.janjan.jp/election/2009/11/00009034.html


こうしたリーダーが、これからの自治体には必要です。


どうか、お知り合いの方で、和光市在住の方がいれば、

松本さんへの応援をお願いいたします。


ひとつひとつのまちが変わることでしか、日本全体は変わりません。

和光市の未来は、日本の未来を変えるのです。

 | 

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: PPPはPublic Private...
  • kashiwano: 大変申し訳ありません。...
  • 百鬼丸: コメント残せませんが・・・一方通行の政治 ですね~(笑)
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。いつも応援して...
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。質問なのですが...
  • kashiwano: 競馬に関して、外れ馬券を経費として...

このページのTOPへ戻る