2007年7月アーカイブ

さて。
開票の立会をしてきました。前にも書きましたが、これで2度目。(もしやってみたいという方がいればご連絡をください)

立会人の任務は、開票されまとめられた票の束に間違いがないかチェックし、また疑問票や無効票などに対して意見を述べることです。実際のところ、票数は機械で2度数えられてきますし、間違いや疑問票判定なども通過しているため、ハンコを押すこと以外の出番はなかなかやってきません。
1日で500回以上ハンコを押せる機会もそうあることではないですが、この体験は「会社の重役さんって大変だ」というイメージトレーニングには悪くないと思います。

今回は選挙区を担当していました。
無効票の中で多いものは比例区候補の名前が書かれたものと白票、それになんと書かれているのか判別できないものです。氏名や名の一部だけしか書かれていなくても確認できる限り投票は有効ですが、かぎかっこや名前の下に「へ」などを書くと他事記載として無効となってしまいます。

最終的な有効・無効は選挙長の判断になるので、立会人としては、投票者の意思が生かされ投票が極力有効となるような解釈を伝えるまでです。


新聞や報道で見ると○万票と聞いてもただの数字に過ぎませんが、実際に開票の現場に触れるとその数字の大きさがよくわかります。

結果としては、民主党が大きく議席を増やしたわけですが、選ばれた方たちにはその1票1票にこめられた想いをしっかりと受けとめて仕事をしていただきたいなと思いました。

今回の争点は安倍総理の信任不信任ということだけには限られてはおりませんし、その結果がすべての民意を正確に反映できているわけではありません。しかし、代議制をとる日本の政治の仕組みで、もっとも近くに行われた選挙の結果が何を意味しているのか、見誤ってほしくありません。

国民の総意がどこにあるのかを念頭に、民主だ自民だということだけで国会を停滞させることなく、国会が一丸となって年金をはじめとする課題に取り組んでいっていただきたいと思います。

結果はいかに。

| コメント(0) | トラックバック(0)

このところ、ブログをまったく更新していませんでした。
選挙期間中なので、という言い訳をしたいところですが、この選挙期間中はJ党もM党もいろんな工夫(?)をして、HPの更新を行っていたようです。
そもそも期間中に更新してはいけないという部分の法律をきちんと整えてほしいです。

さて、投票時間も残すところあとわずか。
投票率はどうなったのでしょうか。
まだ行っていない方、多くはないと思いますが、ぜひとも意思表示の一票をお願いいたします。

午前中、野外音楽ふぇすなどで市内を走ったときの印象だと、投票所のまわりでもずいぶん車の列ができていたように思います。

投票箱のふたがしまるまであとわずかですが、投票率がアップすることを願いつつ、私は今から開票の立ち会いに行ってきます。
2年前の衆院選以来2度目の立会人です。

参院選の比例区は被拘束名簿式なので、開票に時間がかかることが予想されます。
何時に終わることやら・・・。

7.29

| コメント(1) | トラックバック(0)

私、柏野大介は小川勝也さんを応援しています。


そもそも私が政治に強い関心を抱くきっかけとなった1993年の政界再編。
このとき以来、責任ある政権交代が必要だと思っています。

年金の問題だけではなく、憲法、教育、地方分権、これらを解決していくためには今の安倍政権の数の力だけによる国会運営を止めなければいけません。

今、国政の中で責任を持って政権運営が行えるのは、民主党だと思っています。
その確信のもとに、私は小川勝也さんを応援しています。


民主党マニフェストをご覧ください。

情報公開手続き

| コメント(2) | トラックバック(0)

本日、恵庭市情報公開条例に基づいて、公文書の公開請求をしました。
市役所2階の総務課で、結構手続きは簡単です。明日から2週間以内に公開できるかできないかを教えてもらえることになっています。(恵庭市情報公開条例を読んだ限りでは、公開できない情報となる理由は見当たりません)


何度か書いている話なのですが、市議選の中で各候補者がどのくらい税金を使っているのかを調べたかったのです。この費用は地方自治法に基づいて条例で認められたものであり、多かったからいけないというものではありません。

でも、それを公にすることで、本当にそれが必要な費用なのか、あるべき選挙の形まで考えるきっかけとしたいと思っています。今後、議会運営委員会などでも議会改革についての提案をしていくわけですが、これは誰にとっても不利益になることではないと考えています。選挙カーで連呼をしてまわることで、他の候補者よりも有利に選挙を進めることができているでしょうか。他の候補者がやっているから仕方なくやっているとすれば、全員横並びをあらためるきっかけになるはずです。


市民から求められる議員、市民のための議会、市民が望む選挙、これらはすべてつながると確信しています。

昨日は市内各地でたくさんイベントがあったようですが、私は総合体育館で行われていた車いすバスケットボールを見に行っていました。

井上雄彦の漫画『リアル』でその存在は知っていたものの、生で見ることは初めて。スピード感だけでなく、パワーも想像以上のものでした。

一般のバスケットと違うのは、トラベリングがなくてボールを持っているときには連続2回までしかタイヤをこげないこと(プッシングバイオレーション)、障がいの度合に応じて選手ごとに持ち点が決められていて、コート上の選手の合計を制限することで障がいの重い選手も出場を妨げられないようになっていることです。

シュートを決めたとき以外でもかっこいいプレーをかなり見ることができ、元アスリートとしてはかなりくすぐられる部分がありました。もう少し時間の使い方になれたら野球をしたいなーと。

あと、車いす同士がぶつかって転倒することもよくあるのですが、起こしてあげるためには相手チームであっても全力で押してあげています。プレーもいいですが、こういう部分にスポーツの魅力をより強く感じます。

DSC04921.jpg DSC04923.jpg

最近よく話題になることが多い、報酬以外のお金の話です。

1つ目、政務調査費ですがこちらのサイトによると、議員1人あたりの年額が北海道516万円、札幌市480万円、旭川市96万円、函館市60万円、釧路市72万円となっています。
近隣の自治体では、千歳市が3万円、北広島市が20万円、江別市は18万円です(各市サイト参照)。

恵庭市は千歳と同額の3万円/年であり、恵庭市議会政務調査費の交付に関する条例および恵庭市議会政務調査費の交付に関する規則によって、支出の報告書の提出、会計簿と領収書の保管が義務づけられています。


2つ目の費用弁償は、地方自治法第203条3項に規定されておりますが、札幌市では議会や委員会などに行くと1日1万円とあまりにも支給額が高いため、見直しが議論されております。

恵庭市では市内の会議のための費用弁償はすでに廃止されています。
近隣では、千歳市が2000円くらい、江別市が700円です。


ここまでのところ、恵庭市では問題はないと考えています。(政務調査費の領収書も提出にしたほうがよいと思いますが)

個人的には、それよりも選挙に関しての公費負担の部分で気になるものがあります。
お金がないと選挙に出られない、当選できないということにならないように国政選挙では、選挙運動の一部を国が出してくれる公費負担という制度があります。
それに準じて、地方選挙でも条例で定めることによって、費用の一部を自治体の負担とすることができます。(公職選挙法第141条8項、第143条15項)

選挙にたくさんお金をかけないと当選できない、ということになってしまわないように、最低限の部分は公平な選挙を保障しようというのが、公費負担の趣旨であるべきです。
そういう考えに基づけば、税金を使って用意すべきなのは自動車よりも、公開で討論する場や、選挙公報を充実させることではないかと思います。

これは選挙期間中から訴えてきたことですが、今の恵庭市のルールでは、
自動車が64,500円*7日=451,500円
今回の選挙では候補者全員が法定得票数に達したので、最大で12,190,500円にもなります。
これほどまでにお金をかけて、選挙用の自動車を市が用意する必要があるでしょうか。

移動のための自動車はあっていいものだと思いますし、ガソリン代を出すのもいいでしょう。
でもそれならば、1日6000円くらいのレンタカーと2000円くらいのガソリン代でも済むのではないでしょうか。それで不足する分は自己負担にすることで選挙の公平性が保てないとは思いません。

同様に、ポスターの作成費用は1,200円*145枚=174,000円が上限です。

私の場合、ポスターが1枚330円で(消費税を申請し忘れてしまいましたが・・・)145枚分の47,850円は公費から支出していただきました。300枚と多めに作っていたため、単価が安く押さえられたということもあるかもしれません。

これらについては、9月に各候補者の収支報告が公示になりますので、それをふまえて続きを書きたいと思います。

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント