在宅医療の充実を

| コメント(2) | トラックバック(0)

日曜日に、市民健康塾主催の学習会に参加をして来ました。
講師は、緩和ケアクリニック・恵庭の柴田先生。


最初に会場の方たちに、自分の最期をどこで迎えたいかという質問。
自宅で最期を迎えたいという人が多いにも関わらず、それが実現
できない日本の仕組み。

実際に自宅や老人ホームなどで最期を迎える人はごくわずかで
9割を超える大半の人は病院で亡くなるそうです。

いわゆる先進諸外国と比較してもがんの院内死亡割合は
極端に高く、その意味で自分の最期を選択できない社会であると
先生はお話されていました。


また二次医療圏として考えたときには、恵庭を含む圏域には
札幌も含まれ、域内で完結しているものの、それは札幌があっての
もので、それを除いてみたときには、他の圏域と比較しても見劣り
するような状況です。

道内他市と比べたときに、札幌へのアクセスという点では有利な
わけですが、その分、千歳・恵庭・北広島というようなエリア内での
医療の自給率も低くなっています。

食や消費財の分野ではよく言われることですが、
医療・介護・福祉などのサービスにおいても域内で循環することが
その地域の満足度を高め、同時に活性化にもつながっていくはずです。


在宅医療・在宅介護を充実することによって、選択肢を増やし、
かつ地域内で完結できる体制を整える。

こうしたひとつのまちの枠組みを超えることは、
ぜひとも北海道が支え、進めていかなければなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kashiwano.info/blog/b/mt/mt-tb.cgi/577

コメント(2)

一つの事例として聞いてください。
父は札幌西区の病院へ入院して2年になります。
父は寝たきりで自力では動けません。
70歳を過ぎた母は自分で運転をして週1回病院へ顔を出しています。
4,5日の外泊で年に2,3度恵庭の自宅に帰ってきますが、
入院患者へは介護保険が適用されないためヘルパーさんを
お願いできません。
家族は同居していないので、ペットから車いすへの移動時には、
家族が仕事を抜け出して手伝いに行くといった感じです。

もっと、支援の範囲が広ければ市外へやむなく入院していても
自宅に外泊する機会が増えるのに…。
と、思うばかりです。

外泊時であっても、入院中は医療の枠というのが、制度としての建前です。
ただそうは言っても、おっしゃるように、外泊時に支援を受けられないことで、自宅に戻る機会が失われているのは非常に残念なことです…。


どういった形の医療行為を受けていらっしゃるのか、入院に至った経過は、記述からはわかりませんが、少なくても4,5日の外泊ができるということですから、もしも恵庭において訪問診療を受けられる枠組みがあれば、介護保険のサービスを受けながら、在宅で生活することは可能なようにも思います。

どうすればできるのか、足りない仕組みがあれば、私はそれを作る努力をしたいと願っています。
メールで私にでも構いませんし、地域包括支援センターや、緩和ケアクリニックのようなところに直接でも、コンタクトを取っていただき、一緒に考えられないでしょうか。

コメントする

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント