(お知らせの最近のブログ記事

本会議の合間となっている2/28に連合審査会が開催されます。 連合審査会とは、複数の委員会が合同で審議を行うもの。 今回は、「恵庭駅西口周辺再整備の凍結・延伸決定」についての審議で、 地元権利者の意見聴取と理事者への質疑が行われるそうです。 総務文教委員会と経済建設委員会の合同なので、厚生消防委員会の私は 審議には参加できません。 行政だけではなく、議会も市民の声を直接聞くということは重要なことです。 陳情・請願が提出されたときに、趣旨など不明確なものを確認することも 必要でしょう。直接対話の場は増やしていくべきです。 直接利害関係にある方たちが多くの意見を持っているということは理解できます。 でも市全体に関わる大きな事業であればこそ、利害関係者だけでない広い意見を 現時点でも聴取すべきではないかと思うのです。 計画当初にも市民委員の参加はありましたが、かなりまわりの環境も変化 しています。 また、議会に予算の提案権がない以上、連合審査の結果はどう反映されるのでしょうか。 仮に連合審査の結果、西口は絶対に推進すべし、という結論にいたったとして、 その結論はどういう意味を持てるのでしょう。 市長の手順の不手際ということであれば、一般質問の中でも質すことが できるはずですから、あとは「議会はこんなに理解を示しているのに、市長が悪い」という姿勢を強調したいのでしょうか。 議会として、恵庭西口推進の立場に立つのであれば、財政収支も含めて 事業の取捨選択を示す必要があります。 恵み野をやめれば、恵庭西も学校も西島松もできる、なんてことにはなりません。 「開発か財政規律か」という二項対立的な構図にしたいところですが、 それだけでは表せない部分がありますので、連合審査の審議過程にも 注視していきたいと思います。
昨年市民会議から提言書が提出された、 市民活動を支援する補助制度「えにわブーケトス」の原案が まとまり、パブリックコメントを募集しています。 (地産地消計画もパブコメ実施中です) 先日の厚生消防常任委員会では、これについての審議も行われましたが、 議決事項ではないので、議会に決定権はありません。 質疑では 長谷議員から、納税意識の高揚と公平性の確保に関して、 私からは、活動拠点と団体の成熟度に応じた補助継続について、 林嘉男議員から、拠点整備と将来的な補助制度の統合について、 笹松議員から、町内会と市民活動の不可分性についてなどが 出されました。 使い勝手がよく、かつ公平な制度となるよう、多くのみなさんの ご意見をぜひお寄せください。 よい制度としてスタートすることを願っております。

2月のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
2月に2つの講演会、研修会があります。 お時間の都合がつく方はぜひご参加ください。 1 「地方財政の危機とは何か」 2/2 14:00〜16:00  RBパーク3階にて ニセコ町、財政課の加藤さんをお招きして、自治体の 財政危機の本質をお話いただきます。 2 「事業仕分け」研修会 2/15 13:00〜16:30 市民会館2階、大会議室にて 職員課主催の職員向け研修 職員課主催の職員向け研修会ですが、他市の職員の方や市民の方も 参加できるそうです。 自治体が担っている「事務事業」のそもそもの必要性や効果的な 行政事務を考え直す手法です。 神奈川県小田原市の井澤さんをお招きして、講演と模擬仕分け作業を 実施の予定です。

長妻さんが来ます

| コメント(0) | トラックバック(0)
seminar261.jpg
12月17日(月)18時から、新さっぽろアークシティホテル 5Fアークホールにて 民主党北海道第5区の政治セミナーが開催されます。 衆議院、副議長の横路孝弘さんに加えて、 衆議院議員でネクスト年金担当大臣の長妻昭さんが来札、ご講演されます。 第5区総支部代表の小林ちよみさんのお話もありますので、 ご興味をお持ちの方はかしわの dkashiwano@gmail.comまで お知らせください。(会費かかります)
恵庭の方にとっては、とても大切なお知らせです。 11月の広報えにわと一緒に大切なお知らせが折り込まれていました。 恵庭市の財政事情に関する説明会の案内です。 財政事情については前にブログでも書きましたが、これだけでは わかりづらい部分もあると思います。 ぜひ足を運んでいただき、市長や、部長に直接質問を投げかけていただければと思います。 残る日程は13日、明日の19時から島松公民館と15日(木)の19時から市民会館です。 本日はその第2回目が柏陽会館で開催されていたのですが、とても残念なことに 参加者は8名だけでした。 中身は前回も少し書いていますが、 ・国の三位一体改革による影響で収入が8億円くらい減っている ・必要なお金は減るどころかわずかに増えている ・人件費などの削減や受益者から対価を求める取組みも行ってきた というような話で、これに具体的な数字や事業がついてきます。 あとは、水道事業の料金改定のお話と下水道の徴収もれの説明もありました。 質疑の中では、市民の方からかなり感情のこもったご意見が 出ていました。行政が、議会が、これまでに十分にお応えしてこれなかった部分と、 それについての説明が不十分であったのかもしれません。 行政も議会も、徐々にではありますが、市民との直接対話の機会を増やす努力を しています。これまで十分でなかった部分についてご批判をいただくこともあると思います。 それを乗りこえてご理解をいただき、少しずつ市民本位の市政を実現していくために、 特に議会が、みなさんの声を直接いただいていかなくてはいけないと思います。 重ねまして、13日・15日の財政事情説明会、21日の有志議員の議会報告会に ご参加いただけますようお願いいたします。
きたる11月21日(水)18時30分より、市民会館中会議室におきまして、 「恵庭市議会の改革を考える議員懇談会」主催の議会活動報告会を行います。 24名の全議員に案内は発送し、ひとりでも多くの議員の参加を望むものです。 複数の会派の議員による報告会は恵庭でも初めての試みではないでしょうか。 日程が迫っている中での連絡になってしまったので、調整がつかない方もいるかも しれません。しかし、こうして、会派にとらわれず、今活動している内容を 市民のみなさんに報告し、ご意見をいただいていくことが、信頼される議会への 第一歩であると、私は考えています。 お知り合いの議員がおりましたら、参加を働きかけていただければと思います。 また日頃からご意見をお持ちの方も、ぜひこの機会に議員に対してご意見を いただけますようお願いいたします。

議会改革 研修会

| コメント(0) | トラックバック(0)
お知らせが大変遅くなりました。 広報などでもお知らせはしていたのですが、先月7人の議員で発足した 「議会の改革を考える議員懇談会」主催の講演会を開催します。 改革を訴えるとき、これまではわかりやすい定数の削減、費用の削減ということが 話題の中心になりがちでした。議会が持つ本来の役割を取り戻していくためには、 ルールをどう変えて、われわれ市民が、議員がどう行動していけばよいのか。 それをひとりで追求していくだけではなく、同じ考えを議員同士が共有し、 また市民のみなさんにも考えていただくための講演会、研修会です。 1時間ほどご講演をいただいたあと、意見交換にも十分に時間を割きたいと考えています。 多くのみなさんの参加をお待ちしております。 とき :2007年10月29日(月)18:00〜 ところ:恵庭市民会館 2階視聴覚室 会費 :無料 主催 :恵庭市議会の改革を考える議員懇談会 問い合わせはかしわのまでお願いします。 090-2695-2880

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント