04 活動報告の最近のブログ記事


13日の午前中、後援会事務所開きを行いました。
これに向けての準備が様々あり、このところはかなり予定がつまって
いたのですが、無事事務所開きを終え、ほんの少しだけ安心しました。


お忙しい日曜日にも関わらずお集りをいただいたみなさま、
ありがとうございました。

参議院議員の徳永エリさん、民主党第5区総支部の中前茂之さん、
前恵庭市長の中島興世さんからお祝いのごあいさつをいただき、
エコフェス代表の竹内誠裕さんからは歌のプレゼントもいただきました。


私からの決意表明では、おおまかに

・前回選挙以降の1年2ヶ月
・私も取り組んできた恵庭の議会改革と二元代表制
・今回掲げている3つの理念の中から、誰もが居場所と出番のある北海道を
つくる〜地域の活力に寄与する人材の育成、社会教育の充実など
・北海道の枠を超えて(TPP、自衛隊の体制維持)
・だから、かしわのに力を

というお話をさせていただきました。
準備不足で、あまりうまいことは言えませんでしたが、
精一杯お伝えしました。


にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
クリックでの応援もよろしくお願いします


さー!いよいよ本番モード。
ぜひ事務所にもお越し下さい。

昨日は、北海道知事選に出馬表明をされている木村としあきさんが
恵庭入りし、市内のごあいさつに同行しました。

いくつかお伺いするなかで、
恵庭市内の医療体制、特に小児科の負担軽減についてのお話や、
TPPが北海道経済に及ぼす影響、大豆・麦を奨励したあとの出口対策、
農地集積などに関する提言、新しい知事が生まれることへの期待など
さまざまなお話を聞くことができました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村


西興部、遠軽と北海道で生まれ育った木村さん。
これまでに全国各地で講演を続け、地域に合わせた活性化策を
地元の方たちと考えてきた方です。

その知恵と汗をこれからは北海道のために使おうと決断をされました。

北海道全体を元気にしていくために、それぞれの地域が活力と自信を
取り戻していく必要があります。
恵庭の中からも、しっかりとその道筋をつけるべく、木村さんとともに、
私も精力的に活動を続けていきます!


今朝は島松駅で活動報告をお配りしておりました。

いつもチラシ配りのときには、下にはももひきをはき、
上はTシャツから4枚重ねた上にオレンジジャンパーを着ています。

今日はずいぶん冷え込んでいたように感じたので、
yahoo天気で見てみると、今朝6時の島松の気温は-15度!
9時でも-10度ですから、ずいぶんと寒かったわけです...。

こんなときに活躍する秘密兵器が、「コードレス温熱ベルト」というガス式のカイロのようなもの。
体幹部をばっちり暖めてくれる優れものです。

1時間少々立ち続けていると、手足の先は動かなくなり、
「活動報告12号です」という声も滑舌が悪くなってきます。

そんなときには、このインフォメーションボードで、
info01.JPG
第○号かご確認ください。


「見える北海道へ」ののぼり、オレンジジャンパーなど見かけましたら、
ぜひチラシを受け取っていただけると幸いです。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
チラシと合わせて、応援のクリックをお願いします!

えにわふるさと会

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日ですが、えにわふるさと会の総会に出席してきました。

昨年夏からの発起人会による協議を経て、
年末には東京えにわふるさと会の賛同者による忘年会などを行い、
昨日の総会を迎えたようです。


ふるさと恵庭を元気にしたいという思いは、多くの人がお持ちのことと
思いますが、どうやったらいいかとなると具体的には浮かびづらいところが
あると思います。

えにわふるさと会としても、これまでにたくさんのアイデアは集められているようで、
1)ふるさと恵庭の郷土愛を育み発展に寄与する
2)市外の恵庭ふるさと会への支援と交流
を大きな目標として、
さまざまな活動のアイデアを集められています。


元気にするためには、市民活動などが活発になることや
市民の手によるイベントなども大切ですが、何よりも恵庭の中で
お金がまわっていくことが必要だと思います。

そのことが、雇用を生み、勤労世帯の定住には不可欠な要因と
なります。

私としては、
市内の企業、団体による商品やサービス、魅力をまずは市民がよく知って、
その後にそれを市外に売り込んでいくというような、順序立てが
必要ではないかと考えています。


一市民として、ふるさと会にも関わりを持ちながら、
恵庭の元気をつくるためにも活動していきます!!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 恵庭情報へ
にほんブログ村

かしわの☆レポートNo.12
2011年1月発行(pdfファイル)


1月13日から駅頭での配布を始め、一部の地域ではポスティングでの配布も
行いました。今後市内全域で配布を考えております。

もしおうちの近所やお知り合いの方に配っていただけるという方が
いらっしゃいましたら、私までご連絡ください。10枚くらいでも構いません。


にほんブログ村 政治ブログへ
お時間のあるときはクリックを


政権塾OBで、苫小牧の松尾まさかつさんの事務所開きに参加を
してきました。

松尾さんは35歳。家族を抱えながら、仕事を辞めての挑戦です。

誰かがやってくれると人任せにするのではなく、行動することで
変化を起こそうと積極的な活動をしております。


どこのまちもそうですが、誰か最初に歯車を動かす人がいれば、
モノゴトは大きく動き始めます。
こうした情熱を持った方が議会に増え、健全な議論がなされることは、
民主主義の成熟にとって不可欠のことです。

松尾さんには、いつまでも今の気持ちを大切に、活動を続けて
いってほしいと思います。

私も同じく、恵庭からの大きな風を起こせるよう、活動を続けます!

今日はそのほか、エコフェス新年会や、後援会ブロック会議などが
ありました。
1歩ずつではありますが、みなさんのお支えで前進しています。

少し遅くなってしまっているのですが、
後援会入会案内用リーフレットの打ち合わせを行いました。

新たに取り直した写真と、2011年の新たな決意を込めてつくります!

2月上旬には完成すると思いますので、またブログ上でも公開したいと
思います。


合わせて、ブログの刷新も進めているところですが、
今後より多くの方に見ていただけるように、にほんブログ村にも登録しました。

他のブログから、また地域情報などからのリンクで読んでくださる方が
増えればうれしいです。

少し更新頻度も高められるようにがんばります!

気が向いたときにでもクリックをお願いします↓
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

在宅医療の充実を

| コメント(2) | トラックバック(0)

日曜日に、市民健康塾主催の学習会に参加をして来ました。
講師は、緩和ケアクリニック・恵庭の柴田先生。


最初に会場の方たちに、自分の最期をどこで迎えたいかという質問。
自宅で最期を迎えたいという人が多いにも関わらず、それが実現
できない日本の仕組み。

実際に自宅や老人ホームなどで最期を迎える人はごくわずかで
9割を超える大半の人は病院で亡くなるそうです。

いわゆる先進諸外国と比較してもがんの院内死亡割合は
極端に高く、その意味で自分の最期を選択できない社会であると
先生はお話されていました。


また二次医療圏として考えたときには、恵庭を含む圏域には
札幌も含まれ、域内で完結しているものの、それは札幌があっての
もので、それを除いてみたときには、他の圏域と比較しても見劣り
するような状況です。

道内他市と比べたときに、札幌へのアクセスという点では有利な
わけですが、その分、千歳・恵庭・北広島というようなエリア内での
医療の自給率も低くなっています。

食や消費財の分野ではよく言われることですが、
医療・介護・福祉などのサービスにおいても域内で循環することが
その地域の満足度を高め、同時に活性化にもつながっていくはずです。


在宅医療・在宅介護を充実することによって、選択肢を増やし、
かつ地域内で完結できる体制を整える。

こうしたひとつのまちの枠組みを超えることは、
ぜひとも北海道が支え、進めていかなければなりません。

一昨日から、かしわの☆レポートNo.12の配布を開始いたしました。
木・金と恵庭駅で配布しましたので、来週月曜日は恵み野、火曜日は島松と
各駅で配布を継続します。

かしわの☆レポートNo.12のpdf版は週明けにアップロードいたします。


前回夏に発行したかしわの☆レポートNo.11をブログ上に掲載しておりませんでしたので、過去のレポートとともに一覧で掲載しておこうと思います。

かしわの☆レポートNo.112010年8月発行(pdfファイル)


かしわの☆レポート号外2009年11月発行(pdfファイル)


かしわの☆レポートNo.102009年10月発行(pdfファイル)


かしわの☆レポートNo.92009年7月発行(pdfファイル、1.5MB)


かしわ☆レポートNo.82009年3月(pdfファイル)


かしわ☆レポートNo.72009年1月発行(pdfファイル)


かしわの☆レポートNo.62008年10月発行(pdfファイル)


かしわ☆レポートNo.52008年6月発行(pdfファイル)


かしわレポートNo.42008年3月発行(pdfファイル)


かしわ☆レポートNo.32007年12月発行(pdfファイル)


かしわ☆レポートNo.22007年10月発行(pdfファイル)


かしわ☆レポートNo.12007年6月発行(pdfファイル)


恵庭市新成人のつどいが、1月9日に開催されました。
同日、石狩管内の各市でも新成人を祝う会が開催されたのに
合わせて、私も各地で街頭演説を行いました。

あいにくの悪天候ではありましたが、
江別市、北広島市、恵庭市と3つの会場をはしごし、成人を迎えた
方たちにお祝いと激励のメッセージをお話させていただきました。

SANY0552.JPG

恵庭のみなさんには、せんえつながら私自身の経験も踏まえながら
現在の景気雇用の情勢、そしてそれを作ってきた原因は何か、
何かに、誰かに依存をするのではなく、私たちの力で、みなさんの知恵で
恵庭を、みなさんが成人を迎えたまちを元気にしていきましょうという
ようなお話を主にさせていただきました。

今、恵庭ではさまざまな新しい活動の芽が生まれてきています。
多くの若い人たちが集まっているまちだからこそ、その交わる中から
次なる活力の種が生まれてくるのだと思います。

新しいもの、変化の兆しをしっかりと支え、育てることが、
全体に波及し、既存のものの次なる変化につながる。
それが政治に求められている役割なのではないでしょうか。


この日、恵庭には、民主党第5区総支部代表の中前茂之さんも参加、
他に江別の本間憲一さん、同じく江別の内山祥弘さん、
そしてDASH政権塾OBの高橋さんが来てくれました。

全道各地の仲間たちとともに、明日の北海道のために
活動を続けて参ります。

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント