かしわのブログ

タグ別アーカイブ: 議会

着服問題に関する議案の採決

今回の問題に対して、定例会冒頭に第4号議案として、市長・副市長の処分に

関する議案が提案され、最終日の予定であった22日に、退職金などとして支払った

お金を補てんするために、第9号議案として市長の給与削減が提案されておりました。



第2回定例会議案など

会期延長



これに対して、私の基本的な考え方はこちらです。

https://kashiwano.info/blog/b/2009/06/post-122.html



すでに5月中に、この件に関わり、現在在職している職員に対する処分は

行なわれました。

市長・副市長に対しても一定の処分が必要であり、この処分と再発防止策は

別に考えるべきだと思っていますので、議案第4号には賛成です。

一方、議案第9号は、あくまでも関係職員による自主返納が前提とのことです。

こうした手続きを認めてしまえば、今後どんな案件でも同様な補てんを求められる

可能性があること、また、金額自体が定められた基準によっては変動する可能性が

あることなどから、今の枠組みでの自主返納は行なわれるべきではないと考えており、

この議案には反対です。(市長が負担するということ自体に反対しているわけでは

ありません)



6/23に行なわれた総務文教常任委員会の採決では、

第4号

賛成:林嘉男委員(無所属・市民の会)、榎本委員(民主・春風の会)

反対:長谷委員、恵本委員、鷹羽委員(以上、清和会)、野沢委員(公明党)

で否決



第9号

賛成:林嘉男委員(無所属・市民の会)

反対:長谷委員、恵本委員、鷹羽委員(以上、清和会)、野沢委員(公明党)、

榎本委員(民主・春風の会)

で否決

という結果になりました。



共産党は総務文教委員会に委員が入っていないため、採決には参加していません。

着服問題の審議

月曜日に議会の会期が延長され、新たな市長給与の削減案が
委員会に付託をされました。

22日、23日と総務文教常任委員会が開かれ、多くの委員外議員も
参加をする中で、市長・副市長の処分に関する議案などの審議が
行なわれました。


私も委員外議員として出席し、大きく3点の質疑を行ないました。

1)明確な処分基準の制定について
2)失業者の退職手当について
3)法律の留保について


1)
処分基準はこれまでの審議の中で、人事院などが示している基準を
ベースに、より倫理性の高い基準を、第3者委員会の意見も受けながら
整備していくという答弁がなされております。

ただ、私が思うのは、今回のような中間的なケースも含めて、
退職手当の一部支給や、一部返納というルールも制定する必要がある
ということです。

この部分については、恵庭市は北海道市町村退職手当組合に加入して
いることから、こちらの条例として定める必要があり、残念ながら私たちが
直接提案することはできません。

退職手当条例を持つまちでは、一部返納などをルール化している自治体も
あり、(京都市など)これらを参考に制定の必要性を訴えました。


2)
日本の退職手当には、勤続報酬、生活保障、賃金の後払いなど、いくつかの
意味合いがあります。

この点について、民間企業で懲戒解雇された事案でも、退職金の部分的に支給を
命じた判例が少なくありません。

また、北海道退職手当組合退職手当条例でも、
「失業者の退職手当」として、雇用保険のない公務員の失業給付に準ずるものを
定めています。この部分については、退職後に起訴され、禁固以上の刑が確定した
場合であっても返納の対象から除外されることになっています。

このことを考慮すれば、「適正ではない」とされた今回の590万円という退職手当の
うち、一部は認めるべき部分が存在するということです。


そもそも、賞罰委員会に諮った上で、停職処分+依願退職ということも考えられた
わけで、780万円全てが不適正であるのかということの評価は不十分です。

(個人的な意見ですが、現行ルールの下では、停職処分の上、退職していただき、
退職手当については、失業給付相当分のみを支給という手続きが適正であったと
考えています)


3)
行政法学上、「法律の留保の原則」というものがあり、行政が何かをするためには、
必ず法律(条例なども含め)の根拠が必要です。

いくつか学説はわかれるのですが、いずれにしても、個人の権利や自由の侵害と
なるような場合には明文の根拠が必要となります。


今回のケースでは職員が「自主的」に「返納する」ことが、市長の給与200万円を
削減する議案の前提とされています。


自主的とは言っても、職員が返納し、市(行政)が受け取るという行為に際して、
職員個人の財産権に関わるわけですから、明示的な根拠が必要となります。


この点、うまく伝えられなかったのですが、
そもそも元職員への退職金支払は不適正であり(適法ではあるが)、元職員は
市に対して返納すべき自然債務を負っているというのが、市長の答弁ですが、
自然債務は訴求できる権利を含んでいません。

自主的に返納がされた場合には、市にとって不当利得とはならず有効という
ことはわかるのですが、それを代位弁済した上で、求償権を行使するということは、
そもそも自然債務であった債務の範囲を超える権利行使となり、現実的では
ありません。


また、このことと、行政が行政行為として「受け取る」ための明示的な根拠とは
別の物です。


今回、職員による自主返納を行なったとしても、退職手当組合への負担金分が
穴埋めされることにはならないのですが、(市にお金が入る)
もし仮に、市長・副市長の退職の日の給与月額を下げれば、その分が退職手当
組合から支給されず、事実上、穴埋めすることが可能です。

またこれは給与条例の改正で行なうため、明確な法律上(条例)の根拠があります。

以上のような理由で、

まずは処分基準、返納のルールをつくり、それに基づいて返納すべき金額を
確定することが先で、その上で、市長と政治的任用職である副市長が「率先して
行動」していただくことが必要である、というのが私の考えです

会期延長

一般質問なども終わり、予定では22日が最終日で議案審議と

なっておりましたが、不祥事に関する問題の結論が出ない部分があり、

会期が延長されることになりました。

22日の本会議では、追加の議案が各委員会に付託され、

本会議終了後に総務文教常任委員会が開催される予定です。

追加議案.pdf

翌23日も総務文教常任委員会の開催予備日とし、

26日の本会議で議案を審議し閉会という予定になりました。



この度の総務文教常任委員会は、本来の委員以外にも参加の枠を広げ、

拡大して開催されます。

再発防止に向け、明確なルールづくりを求めていきます。

第2回定例会議案など

アップが遅くなりました。

現在、開会中の第2回定例会の日程表と議案です。



第2回定例会、日程表.pdf

(委員会構成含む)



議案.pdf



日程表に記載の通り、市長と副市長の給与の削減の議案以外はすべて全会一致で議決されております。





各会派から提出された意見書案.pdf

意見書案は本日の議会運営委員会で議論され、


5本の意見書提出を全会派で合意しました。

一部、文案が修正されるものがあります。

ピックアップ記事

アーカイブ

2012年

RSSフィード

最近のコメント


    Warning: Use of undefined constant comments - assumed 'comments' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 928

    Warning: Use of undefined constant comments - assumed 'comments' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 928

    Warning: Use of undefined constant trackbacks - assumed 'trackbacks' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 929

    Warning: Use of undefined constant trackbacks - assumed 'trackbacks' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 929

このページのTOPへ戻る