一般質問その2

| コメント(2) | トラックバック(0)

一般質問その1の続きです。

これに対して、
1.教育行政のうち、(1)小学校建設計画については、今年度中にはっきりと方向性をしめした上で、住民説明を早期に行うという答弁しかいただけませんでした。

(2)学区制の柔軟運用については、新しい学校が立つまでの間にスクールバスを利用することで、子どもたちの安全な通学と狭い教室の回避を両立できるかと思っていました。

しかし、境界付近ではやっと経過措置が終わって落ち着いたということもあって、地元町内会・PTAの方のご意見は様々なようです。今後もっと多くのみなさんの声も伺っていきたいところです。


2.環境行政のほうも、広域計画の大枠は今年度中に固まる見込み。
大枠が固まらないことには、可燃ごみ処理の方策も決まらないところ。可燃・不燃ともに埋め立て処理を行ってきた結果、計画よりもかなり早く最終処分場はいっぱいになってしまっており、今年度新たな最終処分場も作ることになっています。

(仮称)ごみ減らし市民会議も始まったことですし、しっかりと市民の理解を得られるごみ政策を市民と職員の方たちと一緒に作っていきたいところです。

最後に拡大生産者責任について。
これまでほとんどごみの処理に責任を負ってこなかった生産者に、その収集・処理にかかる費用の負担を求め、それを価格に転嫁することで、これまで価格に反映されてこなかった処理費用を内部化していきましょうということです。

最終的には費用は消費者が負担するものなのですが、これによって、生産者側としてもリサイクルに対して負荷の高いものはそれだけ価格も高く設定する必要がでてくるため、よりリサイクルしやすいものを作ろうという動機づけが働きます。


容器包装リサイクル法にしても、廃清法(廃棄物の処理および清掃に関する法律)にしても国が定めているわけで、地方自治体としては、それに従っているわけです。

ただ、その枠内でも、生産者や流通業者に対して役割の分担を求め、それを広げていくことで、国の仕組みを変えていかねばならないと思うわけです。

ということで自治体独自の動きについて、質問していったわけですが・・・。

再質問、思ったよりも難しかったです。
ある程度、答弁を想定して考えていたものの、想定したほどの答弁をいただけなかったり、言おうとしていたことを忘れてしまったり。

スムーズにそして歯切れよく、再質問をするにはもう少し修行が必要です。
単に言いっぱなしになるのではなく、実のある答弁をもらえるような質問をめざして、明日から次の質問を練っていこうと思います。
次回9月定例議会からはネット中継も始まりますので、ご期待ください。

議事録が公開になりましたら、またお知らせします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kashiwano.info/blog/b/mt/mt-tb.cgi/166

コメント(2)

TITLE: お疲れさまでした。
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
議会での初心挨拶に始まり、一般質問とてもしっかりしていました。
初めて会った時とは、まるで印象が違いました。
と、いうより、これが本来の柏野大介さんなのかもしれませんね。
選挙戦で自転車ということもあり、街頭演説を聞けなかった市民のみなさん。9月の議会には傍聴またはネット中継をぜひご覧下さい。
みなさんが支持した議員をしっかり見ていただきたいと思います。
もちろん、私も一票を投じた恵庭市民なので、どのような発言をするのかしっかりみていきます。

とはいえ、市議会議員は始まったばかりです。あまりたくさんの事は、無理に抱え込まず、ひとつづつ道を開いていってくださいね。

(*^。^*)ちょっと偉そうな事を言ってしまった一般市民でした。ごめんなさい。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
あたたかいコメントありがとうございます。
再質問など、まだまだ改善の余地は非常に大きいです・・・。

9月からはネット中継も始まる予定ですので、使い勝手などは実際に始まってから検証していこうと思います。
その場の空気というのもありますし、「休憩中」のやり取りなどは現場にいる人しか
見れませんし、できることならば多くの方に直接足を運んでいただき傍聴していただければありがたいです。

また、お越しいただいたりネット中継を見て感じる違和感や改善すべき点など、ぜひ教えていただければと思います。

コメントする

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント