6.17 厚生消防常任委員会

| コメント(5) | トラックバック(0)

本日の委員会、午前中は市内福住町の児童館と千歳市の総合子育て支援施設「ちとせっこセンター」を視察に行きました。


第1回定例会で、総合子どもセンターに関わる予算が減額修正をされたあとに、私個人として両施設は訪れておりましたが、議会の中の所管委員会として施設の現状、すぐ隣のまちの複合的な施設のよいところと課題などが共有できたことはとても意義のあることだったと思います。

恵庭の総合子どもセンターは、総事業費3億円ほどの想定だったのですが、「修正されたことを受けて再精査をしている」というのを理由に昨日の総務文教常任委員会で配布された資料の中から省かれていました。

これも非常におかしな話で、今財源不足をうめるための4つの方策を行ってもまだ足りないという話をしている中で、事業費を盛り込まないというのは、「やる気がない」とも感じてしまいます。


また、総合子どもセンターを後回しにして、黄金に地区子どもセンターを作るとなると、その用地は小学校建設予定地と重なることが想定されます。
公共施設のない黄金地区のために、という理屈ですが、地域の方は子どもセンターができれば、学校ができなくても仕方がない、とは考えていないように思います。

zaisei518s.jpg zaisei519s.jpg


午後からは所管事務調査。
行政側から「循環型社会形成推進施策(案)」へのパブリックコメントの報告、市民活動支援制度「えにわブーケトス」の中間報告などが行われ、ブーケトスについてはいくつかの質疑が行われました。

ブーケトスについては、今年始まった制度なので、できるだけ間口を広くしておきたい、ということは理解できるのですが、判定会の審査が十分であったのかという点で少々思うところがあります。


所管の中では、谷川委員から、「生活安全条例について」、「消防広域化」など、
柏野から「集団資源回収奨励金の適正化」、「障がいを持つ方の交通費助成の維持」、「生活安全条例の実効性担保」について、
恵本委員から「防災について」、「AEDの利用拡大」など、
林委員から、「消防広域化の見通し」、「警察署機能の拡充」など、
笹松委員から「災害時の個人情報共有」、「子どもセンター整備の見通し」など

について質問が行われました。


私の質問はおおまかに、

(1)「集団資源回収奨励金の適正化」
資源物によって、単価が40円〜3円と大きく違う。奨励金によって、市が収集する資源物の量が削減できていることは認めつつ、限られた財源の中でメリハリをつけた奨励金への再編を求めました。

(2)「障がいを持つ方の交通費助成の維持」
昨日の総務文教常任委員会の中でも、他市に比べ単独福祉施策が多いということが示されており、また今年の財政健全化メニューにも載っていることから、見直しの方向を確認しました。障がいを持つ方の社会参加を促す助成の仕組みはぜひとも維持すべきです。

(3)「生活安全条例の実効性担保」について、
単なるお題目にとどまる条例制定のために検討プロジェクトを作るのは無駄な事務。いかにして条例の実効性を伴うものにするかは委員間でこそ協議すべき。

というものです。
最後の「生活安全条例の実効性担保」についての委員間協議は、まわりくどい言い方をしていたためにうまく真意が伝わりきらずでした。

行政が条例を作ったからといって、犯罪が減り、交通事故が減るということはありえません。この点、交通安全協会への補助金を拠出することによってどれだけ交通事故が減っているのかという議論に通じるものがあります。

「とりあえず昔からやっている」的なものを見直すことも必要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kashiwano.info/blog/b/mt/mt-tb.cgi/322

コメント(5)

TITLE: 仕方がないから子どもセンター?
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
恵庭市議会のある会派に属するある議員は、風の噂で聞く限りでは、「黄金南地区に第二小学校を新設するのは難しいので、その代わりに、子どもにが集える施設を作るべきではないか」という考え方を持っている方がいるようです。が、しかし、柏野氏がいみじくも指摘するように、黄金南地区に子どもセンターを作ったからと言って、問題が解消されるわけでも、この地区の父母が「じゃ、小学校はいらないか」と考えるわけでもありません。こうした的はずれな議論をする議員は、何を考えているのか! 必要なのは、子どもセンターではなく、小学校です。前者で後者の代替はできません。お金がない中で、必要なものができないから、別なものを、という考え方それ自体が、無駄遣いの発想です。まったく、何を考えているのか!! しかし、表面的には、この議員は新設で行くべきだとしているようですから、わかりにくい。有権者は、こうした議員の行動をしっかり見据えて、来るべき選挙で結果を出さねばならない、そうした責務があるように思います。

TITLE: 市議会一般質問、拝見
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
柏野さん、先日の市議会での一般質問、ネット上で拝見しました。和光の問題について、とりわけ、再質問においては、なかなか魂のこもった質問だったと思います。ただ、柏野さんの質問していること、および、その背景にある政治信念が、あまりにも、市当局の面々にとっては、高尚なものであり、であるが故に、「そんなの関係ない」というような「空気」、「何理想的なことを言っているのだ」的な「空気」が漂っていたように思いました。これは、柏野さんが悪いわけではなく、高い理念なり信念なりを、それぞれが大切にしそしてそれらをぶつけ合い議論を展開しものごとを決めていく、いわば、「熟議」をしていくことの意味が、そもそもよく分かっていない相手を多数としているから、やむを得ない部分もありますね。いわば、どんぶり勘定的、土着的、場当たり的議論とでも言いましょうかね。そうは言っても、そうした連中を相手にして議論をしなければならないという現実は、あるわけであり、これにどう立ち向かうのか。これは柏野さんにおいても、きれいな議論だけではなく、相手を怒らせ、混乱させ、分断するような、そうした駆け引きをふっかけるような議論を展開していくことも、必要だろうと思います(抽象的ですが)。しかし、柏野さん、「50年後の子どものことを考え施策を」と市長に質した点や、「学校はツケなのか」と追及した点には、キラリと光るセンスが見え隠れしていました。市長は、「学校がツケだとは言っていない」ととぼけていましたが、「学校の新設」=「借金」=「市民の将来のツケ」ということを、住民説明会では言っていたのであり、市長のあの答弁は、ウソですね。あなたの指摘が正しい。住民説明会では、以上に加えて、市長は、「利益を生み出さない」とも言ってましたからね。それはそうだ、教育は金がかかるばかり。目に見える利益は出ませんから。しかし、それを言ってはおしまい、でしょう? また、あなたが触れた小学校の施設設備に関する基準についても、よい質問でした。市議会での圧倒的多数による新設陳情の採択を踏まえ、来年度の予算が通ると思うのか、という最後の質問も、柏野さん、良かったですよ。住民としても、議会、腰が引けている会派に要求を出していきたいと思っています。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
今、議会報告のチラシを配布しながら多くの方からご意見をいただいています。
様々いただいているご意見の内容については、7月19日の「和光小の増築を考える集い」
でもお話させていただこうと思っていますが、地域以外の方では、必ずしも十分に
ご理解いただけていないことがあります。

そうしたことにひとつひとつ答えていくなかで、市全体として、新設分離に理解が
広がるように、努めていきたいと考えています。

今日はティマルと恵庭の子どもたちによる国際特別議会が開催されます。

TITLE: 私たちの民度=政治のレベル
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>地域以外の方では、必ずしも十分に
>ご理解いただけていないことがあります。

(↑)きっとそうでしょうね。この地域に限っても、理解している人ばかりではないですからね(笑)。教育の問題について考えるのは、いわば「公共性」という大きな視座が必要になるわけで、とかく自分の身の回り半径数センチのことにしか興味関心が及ばない人が多数いるとすれば、そうした人が前記した大きな視座にたって、教育を考えるのは、とても困難なことだろうと思います。どこぞの作家か歴史学者かが言っていましたが、いわゆる民度が低い、と言わざるを得ない状況も、まま散見されます。「政治は何をしている!」と言われますが、しかし、それは、民度の低いと指摘されている私たち有権者の民度を反映したものに過ぎないことを、(こうした発言をしている私も含めて)(再)認識しなければならないのでしょうね。しかし、だからといって、和光の増築問題を、このまま見過ごすわけにはいきません。すでに、多くの反対の声が、地域の人々から出てきています。こうした輪を広げていくことが、喫緊の課題なのだと思います。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
50年後に、恵庭の小学校全体をどう考えるのか。
今日は、その視点であることを検証するためにある教育施設を視察してきました。
まだ現時点でははっきり申し上げられませんが、単純に建てる建てないにとどまらない
議論を広げていきたいと思っています。

コメントする

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント