自治体学会フォーラムinえにわ その1

| コメント(4) | トラックバック(1)

9/6の土曜日、北海道文教大学を会場に「自治体学会フォーラムinえにわ」が開催されました。

特別講演では中島市長のお話、「逆境だからこそ、歴史に残る仕事ができる」というお話をなさっていました。

基調講演は「自治体の日常から真の地方自治を考える」と題して、前鳥取県知事の片山善博さん。


自治体の日常としてあげていた教育の問題。
教員が多忙化して、子どもたちと向き合う時間がない。
雑務から解放するためには、事務職員を強化するとか具体的な取り組みが必要。

例えば、モンスターペアレントの問題。
会社であれば、クレーマーに対応するのは一人の職員ではないはず。
しかし、学校の場合は、担任の先生の責任になってしまう。

学校の経営者である教育委員が、独自で考え、自ら行動(例えば事務職員の加配)することが必要。
事務職員の定数を増やしてくれという制度要求(雨乞い)だけでは不十分。

というようなお話でした。


ではその財源はどうするのか。
麻生さんや中島市長であれば、景気を刺激するのは役所の仕事、とおっしゃるのかもしれませんが、片山さんは、増収のための開発をしようとは言いません。

片山さんがおっしゃっていたのは、単純にハード事業をやめたということ。
当然、経常収支が赤字と言っている恵庭では、それでは不十分かもしれません。

しかし、片山さんは職員定数のお話の中でも、仕事の範囲の話もしていました。
自治体が今までかかえていた仕事をそのままやれば、お金も人材も足りません。
しっかりと見直しを行い、資源を集中させるということは、市長も当初から訴えていたはずです。


最後にあった税金のお話。これはまさに地方自治の本質的な部分だと感じました。

今年、これだけお金がかかっているから来年もこれだけかかる、というのは財政では常識かもしれません。

でも、普通の人が、来年収入が減ってしまいそうなときに、そのままの支出でいるのがあたり前だと思うでしょうか。
服を買わなかったり、外食を減らしたり、お酒を減らしたり、ここまでは恵庭市でもしてきたでしょう。

いつのまにか、忙しさを理由に、コンビニでお弁当を買うことが増えているのかもしれません(外部委託)。
お弁当がいいとか悪いとかではなく、朝のテレビの時間を30分短くすれば、お家でお弁当を作れるのかもしれません。


最低限必要な税金をお預かりし、「これを作るから、これだけ税金が必要です」という説明がきちんとできる状態。
分権時代の市町村として、それをめざしていく必要があると思います。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://kashiwano.info/blog/b/mt/mt-tb.cgi/375

9/6に恵庭で開催された自治体学会フォーラムの記事をアップし忘れていました。 私... 続きを読む

コメント(4)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
わかりやすいまとめでした。
片山さんのおっしゃることは、当たり前のことなんですよね。毎年永続的に同じことが続くわけじゃない、その当たり前のことに、みなさん氣が付きましょって話だと思うんですが・・・。[絵文字:v-106]

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
市長は、以前から
「人は何か活動を起こそうとすると、必ず抵抗と障害が発生します。
発生しないほうがおかしいんです。その抵抗や障害に遭って、
自分がやろうとしていることの意味を繰り返し自分に問う、
確認するという作業をし、覚悟を決めることができるのです」
ということを、言っているみたいですが、
ただ自分の考えていることを、自分に問い詰めているだけで、
反対の意見は、元から聞く気が全くないということですよね、
確かに、選挙に受かったということ自体は民意なのでしょうが、
抵抗と障害というのは、一体何のことなのでしょうか
それも市民の意見ではないでしょうか
元から聞く気がないのでは、議会でもまともな論議が、
交わされることはないですよね、
「逆境だからこそ、歴史に残る仕事ができる」と講演していた
と書いてありましたが、
やはりただ自分の名前を世に広めることを、
優先しているだけなんだなと改めて思いました。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 612f2ab87afdd1a0d89c4fb5cd0aa62a
> kazukyさん

その1、と言いながらその後の更新を忘れていました。

とりあえず分科会の報告を作ったので、そのままでもアップすることにします。


せっかく、市民を巻き込んで事業仕分けをやったのですが、行政や議会が
思考を転換しないと大きな変化にはなりません。今回の補正予算にしても、
結局は官僚統治、中央集権から脱却できていません。

あたり前のこと、一度乗りこえるまでがとても難しいです。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 612f2ab87afdd1a0d89c4fb5cd0aa62a
>市民さん

抵抗と障害は必ずしも悪い意味ではないと思います。
私は中島市長以外の市長をよくは知りませんが、人の意見を聞かないかというと、
そんなこともないと思います。(自校炊飯・花の田園住宅などの中止)

議会でまともな議論ができるか、という点は、傍聴していてもわかりづらいと
思いますので、不十分なことはその通りです。

コメントする

ご意見はこちら

お知らせ

kimura_s.jpg

木村としあきさんを応援しています+

木村としあきさんとともに、
地域から元気があふれる北海道をつくっていきます!


プロフィール

IMG_0825s.jpg


柏野 大介
(かしわの だいすけ)

大学を卒業後、2度の就職と合計約2年の旅行を通して、常識や慣習といった言葉に囚われない道を模索し続けています。
外に出たことで、日本、北海道への愛着はさらに強いものとなりました。

2007年4月、恵庭市議会議員当選。
2009年12月、北海道議会議員選挙に挑み落選。
市民とともに創る自治の確立のため、「見える北海道」の実現を目指し活動中。

ご意見・ご質問などはメールでお願いします。
dkashiwano○gmail.com
(○を@に変えてください)

RSSは http://kashiwano.info/blog/b/atom.xml です。

-略歴-

最近のコメント