かしわのブログ

議会報告一覧

第3回定例会始まりました

昨日9/11から、第3回定例会が始まりました。

201909_第3回定例市議会行政報告
201909_第3回定例市議会教育行政報告

201909_令和元年恵庭市議会第3回定例会議事日程表(9月11日)

本日の議案審議では、継続審査となっていた陳情3件の議決と、新たに上程された議案の審議が行われました。

経済建設常任委員会に付託され、継続審査となっていた陳情が2件ありました。

20190614_経済建設陳情書
・陳情1号 看護師の全国を適用地域とした特定最賃の新設を求める陳情
・陳情2号 介護従事者の全国を適用地域とした特定最賃の新設を求める陳情

これまでの委員会審議の中で、陳情1に関しては、

・看護師の人員不足の要因が低賃金であるのか
・全産業平均よりも看護師の賃金は低いのか
・初任給の地域間格差8万円とする根拠は何か
・陳情が指摘をする内容についての恵庭の実態
などといった質疑があり、

・人手不足に関して、看護師に特化した調査は行われておらず、その点での把握はされていない
・厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、12の産業別、性別、年齢階層別賃金が出ているが、中位に位置しており、職種全体として、金額で著しく低い実態とは言い切れない
・地域間格差の根拠は独自調査と推定されるが一定ではない
・継続審査の中で調べたが、把握しきれていない

という答弁がされました。

陳情2に関しても、

・数字の根拠
・恵庭での実態

などといった質疑があり、

同様に、

・統計データなどから、職種ごとに明確に読み取れるものはない
・市内の状況はつかみきれていない

という答弁でした。

委員会の中での採決では、全会一致で不採択とすべきという結論でした。

私も看護師、介護従事者に対する処遇改善が必要であるということについては、その通りだと思っていますが、その解決策を、「最低賃金」という制度に求めることは否定的に考えており、さらに「全国を適用地域とする特定最賃」は地域別最低賃金との間の矛盾が大きくなると考えています。

本会議での採決では、以下の結果となりました。

賛成(3):武藤、澁谷、新岡
反対(17):野沢、生本、松島、宮、南出、岩井、小橋、川股、川原、柏野、石井、長谷、市川、早坂、林、前田、鷹羽
(敬称略、議席順)


その他、新規で提案された手話言語条例について、
・事業者の努力義務に対する市の支援策
・条例制定後の具体的な取り組み(と財政措置)
などについて質疑を行いました。

手話言語条例と会計年度任用職員制度については、それぞれ委員会に付託となっており、手話言語条例は10/2の厚生消防常任委員会で、会計年度任用職員は10/1の総務文教常任委員会で、さらに審議が行われることになっています。

一般質問は9/17〜9/19の3日間で、10人が登壇する予定です。
通告内容は以下の通りです。
ぜひ議場にお越しください!

201909_一般質問通告書

第2回定例会始まります。

金曜日に定例会前の議会運営委員会が開かれ、週明けの月曜日から、選挙後最初の定例議会が始まります。

議運で決定された日程表はこちらです。
20190614_第2回定例会日程表

・行政報告
20190610_行政報告

・教育行政報告
20190610_教育行政報告

今回は改選後ということもあり、いつもより多い14名の議員が質問に立ちます。
ぜひみなさんが応援した議員、質問内容に興味のある議員の時間に議会に足を運んでいただければと思います。

内容と大まかな時間の目安は以下の通りです。

6月20日(木)
13:00〜13:50(50分) 南出議員「一般行政」
14:00〜15:00(60分) 宮議員「少子化対策」、「住み続けたくなるまちづくり」
15:10〜16:10(60分) 小橋議員「一般行政」、「教育行政」

6月21日(金)
13:00〜14:00(60分) 早坂議員「大災害の教訓を生かした防災体制の確立」、「恵み野駅前通りの景観」、「学力向上を目指したICT教育の推進」
14:10〜15:10(60分) 石井議員「市制施行50周年」、「学校教育と地域の連携」、「公共交通の現在と未来」
15:20〜16:20(60分) 市川議員「一般行政」

6月24日(月)
10:00〜10:50(50分) 生本議員「一般行政」、「障がい者施策」、「子育て支援」、「高齢者施策」
11:00〜11:50(50分) 松島議員「公共交通」、「教育行政」、「子育て施策」
<昼休憩>
13:00〜13:50(50分) 野沢議員「除雪サポート等のあり方」、「防災体制の充実」、「文化・芸術」
14:00〜15:00(60分) 武藤議員「一般行政」、「教育行政」

6月25日(火)
10:00〜11:10(70分) 渋谷議員「一般行政」、「観光行政」、「一般行政」
11:20〜12:20(60分) 前田議員「安全安心なまちづくり」、「花の拠点整備事業」
<昼休憩>
13:00〜14:10(70分) 柏野「1.運動・スポーツ環境の充実」、「2.将来を見据えたまちづくり」、「3.ごみ焼却施設運転管理経費の縮減」、「4.投票率の向上」
14:20〜15:20(60分) 新岡議員「1.中学校の部活動」、「2.図書館」、「3.妊娠・出産・育児の切れ目ない支援」


各議員の詳しい通告の内容はこちらです。
20190612_一般質問通告書/a>


議会人事が決まりました

ここに至るまで、多くの時間を要してきましたが、昨日の第1回臨時会で以下の通り、正式に決定しました。

私は、経済建設常任委員会委員長、議会運営委員会委員、都市計画審議会委員を拝命することになりました。
委員会運営を通じて、これまで訴えてきたことの実現のために力を尽くしていきたいと思います。

(すべて敬称は省略させていただきます。)

<三役>
議長:伊藤雅暢
副議長:野沢宏紀
監査:川原光男

<所属委員会>◎は委員長、○は副委員長
議会運営委員会(6名):◎市川(清和)、○前田(希望)、川股(恵義)、松島(公明)、渋谷(民主)、柏野(歩む)

総務文教常任委員会(7名):◎長谷(清和)、○川股(恵義)、南出(恵義)、石井(清和)、野沢(公明)、渋谷(民主)、新岡(歩む)

厚生消防常任委員会(7名):◎武藤(民主)、○岩井(恵義)、宮(恵義)、市川(清和)、生本(公明)、前田(希望)、鷹羽(諸派)

経済建設常任委員会(7名):◎柏野(歩む)、○小橋(恵義)、川原(恵義)、伊藤(清和)、早坂(清和)、松島(公明)、林(希望)

基地特別委員会(7名):◎前田(希望)、○石井(清和)、小橋(恵義)、南出(恵義)、早坂(清和)、生本(公明)、渋谷(民主)


<議会内から選出される各種委員>
石狩東部広域水道企業団議員(2名):伊藤、野沢(慣例で議長、副議長)
石狩教育センター組合議会議員(1名):長谷(慣例で総務文教常任委員長)
札幌広域圏組合議会議員(1名):伊藤(慣例で議長)
民生委員推薦会(1名):長谷
功労者等表彰審議会(4名):小橋、早坂、松島、前田
国民健康保険運営協議会(3名):市川、生本、新岡
都市計画審議会(4名):岩井、野沢、武藤、柏野


<会派名の略称>
・自民党恵義会:(恵義)
・自由民主党議員団清和会:(清和)
・公明党議員団:(公明)
・民主・春風の会:(民主)
・市民希望の会:(希望)
・市民と歩む無党派ネットワーク:(歩む)
・諸派:(諸派)

臨時議会に向けて

ご報告が滞っており、申し訳ありません。
5/8の会派交渉会以降、5/10、5/13、5/16、5/20と公式の会派交渉会に加え、非公式のものも含めて、断続的に会派間での協議、調整が続いております。

臨時会日程の変更などについて、一部新聞などでも報道され、ご心配をおかけしておりますが、市議会としての会派構成に変更がありました。
5/20付けで会派結成届が提出をされ、以下のような構成となっています。

自民党恵義会(恵義会)けいぎかい、6名
自由民主党議員団清和会(清和会)、5名
公明党議員団(公明党)、3名
市民希望の会(希望の会)、2名
市民と歩む無党派ネットワーク(市民と歩む会)、2名 →(新岡、柏野)
民主・春風の会(民主・春風の会)、2名
諸派、1名

本日の非公式協議の中でも、なんとしても5/24の臨時会はこれ以上遅れることのないよう、そして議会全体として力を発揮できるバランスの取れた議会構成となるよう、鋭意協議を重ねてきました。

完全に納得のいく形ではないかもしれませんが、最大限、バランスには配慮した形になったと思っています。
正式なご報告は5/24の臨時会終了後となりますので、もう少々お待ちください。


(修正)
恵義会の正式名称が自民党恵義会とのことでしたので、加筆修正しました(2019.5.22 16:13)

任期最初の会派交渉会

5/7までに、5会派から会派設立届けが提出されました。
その結果、当初の2年間は、以下のような会派構成となっています。

自由民主党議員団清和会(清和会)、12名
公明党議員団(公明党)、3名
市民希望の会(希望の会)、2名
市民と歩む無党派ネットワーク(市民と歩む会)、2名 →(新岡、柏野)
民主・春風の会(民主・春風の会)、2名

この会派構成に基づき、本日第1回目の会派交渉会が開催されました。

主な議題は議会の構成で、恵庭市議会においてはこれまで慣例として、会派所属議員数によるポイント制に基づいて議会構成について協議しています。

これまでのやり方は尊重しつつ、やはり全体としては、合議体としての議会が最大限機能するような人事が必要ではないかと思います。
初回の交渉会では、各会派の希望する役職が示されましたが、協議の結果、合意には至っていません。

特にどなたが議長となるのかは、これからの議会運営において非常に重要な要素です。
私たちの会派の希望もありますが、議会全体の構成を考えつつ、最善の形を目指して協議を進めていきたいと思います。

全体をお示しできるまで、もうしばらくお待ちください。

平成31年度予算、代表質問

続きです。
4/11に任期中最後となる報告・意見交換会を開催しました。

報告の2点目は、平成31年度予算について、代表質問で取り上げた財政の視点から報告しました。



まとめたプレゼン資料はこちら。
1904_かしわの報告会パワポ公開用

詳しい内容はあさって以降にも訴えていきたいと思っていますが、経常的な収支が赤字となることが見込まれ、さらに人口減少によって収入の増加も見込めない状況です。そんな中で、借金の規制をかいくぐるような手法で、大事業を同時並行で進めることは、本当に可能なのかということを問うています。

私は、大事業についても、総合計画などにも位置付けられており、必要性は高いと考えるものの、その優先順位を明確にしていくことや、事業のひとつひとつの採算性の向上を合わせて考えていく必要があると思っています。

例えば、バリアフリー化事業は、それだけでは、収入の増加をもたらすものではありませんが、単なる段差の解消にとどまらず、それと合わせた投資誘引やエリアの価値向上という視点が加われば、結果としての経済効果や税収増という評価が加わります。
宅地造成をして、ぼんやりと人口が増えましたということではなく、直接的にいくらの投資を生み、波及効果がどれだけ広がるのかということを先に示さなければ、事業の優先順位の判断すらできません。

平成31年度予算の中に盛り込まれた大事業は、以下の4つがありますが、これを同時に進めた場合、近い将来、財政がひっ迫することとならないか強い懸念があります。

1 島松駅バリアフリー化事業
2 花の拠点整備事業
3 市営住宅柏陽・恵央団地建て替え事業
4 通年型屋外スポーツ施設事業

あれもこれもではなく、
あれかこれかを選ぶ時代に来ているのだと思います。

今回の選挙の大きな争点の1つです。

政治分野における男女共同参画の推進

任期中最後となる報告・意見交換会を開催しました。



私からはいつも通り10分程度の報告をするはずが、
パワポを作りすぎて、つい長い報告となってしまいました。

私からの報告は以下の2点です。
1 政治分野における男女共同参画の推進(一般質問)
2 平成31年度予算(議案)


1 昨年5月に、政治分野における男女共同参画の推進に関する法律が公布、施行されましたが、自治体や政党の役割は努力義務ということもあって、あまり具体的な取り組みの話は耳にしていません。
http://www.gender.go.jp/policy/seijibunya/index.html

恵庭でもまだ何もできていないのはわかるのですが、そもそも行政の男女共同参画が後退している現状は問題が大きいと思います。

 議員に占める女性の比率は、21名中3名の14.3%であり、全国の区市議会の平均とほぼ同程度ですが、付属機関の委員の女性比率に関しては、平成19年末の28.2%と比べて、平成30年4月時点では、27.4%と低下しています。
それなのに、91機関中71機関で女性がいる(78%)。審議会のすべてに女性が入っている状態、100%を目指すという非常に低い目標設定をしており、法律の趣旨を理解しているとは思えません。

 そのほか、この項目の中では、選挙公営(公費負担)のあり方、ネットによる情報提供、公正な選挙などについても言及しましたが、改善に向けた動きは感じられません。
選挙のあり方は、自治のあり方であり、非常に残念です。

【お知らせ】かしわのとえにわを語る会(議会報告会)

今回の任期中、20回目となる議会報告会です。
まずは平成31年度の予算案について報告をさせていただきたいと思っておりますが、いつも通り、報告はできるだけ短めにし、みなさんからのご質問やご意見をできるだけ多くいただきながら、お話を深めていきたいと思っています。

少人数ですので、初めて参加される方も、お気軽にご参加ください。

日時:2019年4月11日(木)18:30〜20:00
会場:市民活動センター 会議室8−3(緑と語らいの広場複合施設えにあす2階)
https://goo.gl/maps/QNyFiDNXf4x

【お知らせ】予算代表質問

本日に続き、明日も予算審査特別委員会の代表質問が行われます。
10:00からは、清和会の大野委員、
13:00からは、市民希望の会を代表し、柏野が質問します。

ぜひ議場でご覧いただけますと幸いです。

通告書はこちら。
20190311_予算審査特別委員会代表質問通告書

地方議会の役割

昨日は私の所属する総務文教常任委員会が開催されました。

付託されていた案件は2つ。
・恵庭市青少年宿泊研修施設条例の制定
・札幌市及び恵庭市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議


 恵庭市青少年宿泊研修施設条例は、これまでにも何度か書いていますが、これまでの利用団体の実績などからすると定員が少ないのではないかということや必要な費用はそれほど変わらないのに、今までよりも狭く、使いづらいことなどを指摘してきました。
https://kashiwano.info/blog/article-3610.html

むしろ、既存の他施設をもっと柔軟に使えるようにすることや、社会教育主事を増員し、研修の中身を充実するということが大切なのではないかと思っています。

今回の議案としては「条例」案が示されましたが、内容については、行政が自ら制定できる「規則」に委ねる内容が多く、少なくとも委員会ではそれを示してもらいたいと事前にもお伝えしてきました。

今回委員会で示された規則の中では、引率者、指導者の減免の規定が盛り込まれ、青少年団体の負担軽減としては評価できます。

一方で、指定管理者制度を導入する上での法的な整備としては不十分であることから、私は議案に対して反対をしました。

簡単に言えば、指定管理者制度は、公共施設を民間にお任せすることができる仕組みですが、お任せすることを決めるためには、自治体の議会で決める法である「条例」でいくつかの決めごとをする必要があります。

今回の条例案では、その決めごとをしないままに、大事なところはお役所任せにするけどもいい?という内容でした。

まさに地方自治の根幹。
地方議会がこれを許してしまうことは、その存在意義を自ら放棄することです。

私が一番大事にしていきたいことは、まちのルールを地域の人たちがしっかりお話をしてつくるということ。
自治を大事にするからこそ、条例の制定はしっかりと見極めていかなければいけないと強く思います。



20190220_青少年研修施設条例(案)

20190313_恵庭市青少年宿泊研修施設条例施行規則(案)

地方自治法
(公の施設の設置、管理及び廃止)
第二百四十四条の二
3 普通地方公共団体は、公の施設の設置の目的を効果的に達成するため必要があると認めるときは、条例の定めるところにより、法人その他の団体であつて当該普通地方公共団体が指定するもの(以下本条及び第二百四十四条の四において「指定管理者」という。)に、当該公の施設の管理を行わせることができる。

総務省通知(総行行第87号 平成15年7月17日)
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/data/open/cnt/3/17173/1/p22_soumusyotsuuchi_h15.pdf

2 条例で規定すべき事項
(1)指定管理者の指定の手続、指定管理者が行う管理の基準及び業務の範囲その他
必要な事項は条例で定めることとされており、その具体的な内容は以下のとおりであること。(第244条の2第4項関係)
1 「指定の手続」としては、申請の方法や選定基準等を定めるものであること。
なお、指定の申請に当たっては、複数の申請者に事業計画書を提出させることとし、選定する際の基準としては例えば次のような事項を定めておく方法が望ましいものであること。
ア 住民の平等利用が確保されること。
イ 事業計画書の内容が、施設の効用を最大限に発揮するとともに管理経費の縮減が図られるものであること。
ウ 事業計画書に沿った管理を安定して行う物的能力、人的能力を有していること。

2 「管理の基準」としては、住民が当該公の施設を利用するに当たっての基本的な条件(休館日、開館時間、使用制限の要件等)のほか、管理を通じて取得した個人に関する情報の取扱いなど当該公の施設の適正な管理の観点から必要不可欠である業務運営の基本的事項を定めるものであること。

3 「業務の範囲」としては、指定管理者が行う管理の業務について、その具体的範囲を規定するものであり、使用の許可まで含めるかどうかを含め、施設の維持管理等の範囲を各施設の目的や態様等に応じて設定するものであること。

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: PPPはPublic Private...
  • kashiwano: 大変申し訳ありません。...
  • 百鬼丸: コメント残せませんが・・・一方通行の政治 ですね~(笑)
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。いつも応援して...
  • 百鬼丸: お仕事ご苦労様です。質問なのですが...
  • kashiwano: 競馬に関して、外れ馬券を経費として...

このページのTOPへ戻る