かしわのブログ

インフォメーション一覧

除排雪の見通しについて(2/25)

本日、議会の災害対策会議(コロナ)終了後に、建設部から、除雪の状況についての説明がありました。

2/20からの大雪によって、市内の道路にも大きな影響が出ています。
この間、委託、直営で除雪、排雪を担っていただいているみなさんには、十分な休みも取れない中で、連日作業を進めていただいていることに心から感謝いたします。

これまでの積雪量は、観測史上最多となっており、一度に多くの雪が降っていることから、排雪量はすでに例年の約2倍、拡幅積上除雪に要した時間は約10倍となっています。
 

令和3年度除排雪の状況報告

そのような状況から、作業がなかなか進んでおりません。


道路を早く通行できるようにしてほしいというご意見は、その通りなのですが、今の作業の見通しでは、道路の拡幅に約1〜2週間程度、
路線排雪は3/20ころまでかかってしまう見込みです。
現在、エコバスの運行にも支障が出ていることから、エコバス路線を中心に、拡幅を進めていきます。

除雪が遅れてしまう要因としては、除雪や排雪、積み上げが終わったあとの雪だしが影響しているとのことで、ここは市民のみなさんにもご理解とご協力をいただかないと難しいようです。

また明日からは暖気がくるということで、並行して路面整正も行っていく必要があり、これも作業が遅れる要因となります。

限られた機材、限られた人員の中で、精一杯作業を行っているところですが、市民のみなさんには大変ご不便をおかけしています。
心苦しいところですが、何とぞご理解のほど、お願いいたします。


なお、除雪の運行状況についてはこちらからご確認いただけます。
https://eniwashi.ndsoft.jp/public/map/

求む!自治の担い手

地方における人口減少が大きな課題として捉えられ、国によって「地方創生」の取り組みが進められてきました。
自治体が自ら戦略を立て、将来像を示していくことは重要だと思いますが、それが地域の住民と深く共有されているためには、首長はもとより、地方議会の役割が大きいものと私は考えています。

年が明けて、2022年を迎えました。
2023年には、統一地方選挙が予定をされており、恵庭市においても議員が改選されます。
議会は、常に新たな人材を迎え、新陳代謝をしていくことが求められていると思います。

一方で、地方議会では、担い手の不足が叫ばれ、町村の議会などを中心に、無投票となる選挙が増えています。
それに対して、報酬を増やすことや、社会保障の拡充などが、対応策としてあげられることがあります。
確かに、処遇を改善することは確かに現状の議員報酬よりも高い収入を得ている現役世代が、地方議会に目を向ける意味では効果があるかもしれません。
でも私は、多様な人材が地方議会に入ってくるために必要なことは、その職務の意義やあり方を丁寧にお伝えしていくことではないかと思っています。

恵庭だけではなく、それぞれの地域の将来を真剣に考え、行動する議員を増やしていくためには、私にもできることがあるのではないか。
これまで勉強会(グリーンシード21)でともに学んできた方々とともに、新たな担い手を養成する連続講座を開催いたします。

講座は、第1部と第2部に分け、第1部は2022年度の6回です。
自分が住む地域の課題を解決したいと考える方のご参加をお待ちしています。

まずは1/22(土)に「地方議会議員養成講座」の趣旨や目指す姿をお伝えするため、キックオフフォーラムを開催いたします。
養成講座にご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。




詳細はグリーンシード21のウェブサイトからご確認いただくか、私までお問い合わせください。
http://greenseed21.jp/notice.html
090−2695−2880 かしわの

骨髄バンクドナー制度の導入を

明日から一般質問です。

今回の一般質問は10人が通告しており、通告内容はこちらの通りです。
一般質問通告書一括


私は今回、以下の3点について質問をします。
1 骨髄バンクドナー制度の導入について
2 終活支援制度の導入について
3 特別職報酬の改定について


1の骨髄バンクドナー制度については、今年の9月に市民活動団体が、この制度創設に向けた勉強会を開催し、私も出席させていただきました。
私も献血するたびに、自分でもドナー登録をしようと思いつつ、いつも採血後に思い出していて、その機会を逃し、ようやく今年ドナー登録をしました。

勉強会では、ドナー登録していて、適合したとしても、高い割合で提供に至らないということを知りました。
移植に至らない要因はさまざまあるようですが、仕事など健康上以外の理由によるところが大きいことから、助成制度はその阻害要因を解消し、移植を促進することにつながるものと思います。
登録者を増やすために、応援してくれる企業を増やすために、北海道内でこうした取り組みを広げていくために、恵庭市としてできることがたくさんあると思いました。

会派としても、次年度の政策要望にも盛り込み、定例会初日の市長の所信表明にも言及があったので、実現する見通しは高いですが、対象範囲や中身の議論を深めることで、少しでも早期に、充実した内容としていければと考えています。

その他、2点については、またあらためて。


一般質問の日程は以下の通りです。

12/1(水)
13:00〜 川原議員
14:30〜 生本議員
15:30〜 松島議員

12/2(木)
13:00〜 渋谷議員
14:10〜 柏野
15:30〜 新岡議員

12/3(金)
10:00〜 宮議員
11:10〜 石井議員
13:00〜 南出議員
13:50〜 伊藤議員

※時間は目安です。

インターネット中継もありますので、ぜひご覧ください。
http://www.kensakusystem.jp/eniwa-vod/live/index.html

16歳から24歳のワクチン予約前倒し

恵庭市議会の柏野です。

本日、定例の議会災害対策会議(コロナ会議)が開催されました。

ワクチンの進捗状況は、以下の通りです。

全体
1回目、68.46%
2回目、54.7%

そのうち65歳以上
1回目、90.58%
2回目、88.53%


25歳以上の方の予約が、来週27日(月)から開始となります。

12〜24歳の方への案内文書は、27日(月)に発送となり、
予約受付は
16〜24歳 10/4(月)から、
12〜15歳 10/11(月)から

となっていますが、
10/2(土)、3(日)の集団接種会場に限定して、
16〜24歳の方も、9/28(火)から予約をすることができます。

https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/soshikikarasagasu/hokenhukushibu/coronataisaku/13173.html
対象の年齢の方で、早期の接種を希望される方は、ご確認ください。


12〜15歳については、日本小児科学会も「個別接種が望ましい」としているところですが、
集団接種を実施する場合には、本人と養育者への個別説明をしっかり行うことへの配慮が必要とされています。
https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=374

恵庭市では、この年齢層に対する個別接種対応が可能な医療機関がこれまでと比べて少なくなることから、
10/30(土)、31(日)でこの世代に限定した専用の集団接種会場を設けることとしており、この集団接種では、原則保護者の同伴を求めています。

10月下旬からは、個別接種医療機関でも、夕方以降の枠の設定などが行われる予定です。

ご本人、保護者の方も、十分にワクチンに関する情報を確認、ご理解いただいた上で、ご予約をお願いします。



来週で、緊急事態宣言の期間が終了する見込みとなるので、私からは公共施設利用に関して、今後の方向性を示し、予約などの対応を考えるべきではないかというお話をしましたが、来週北海道から、方針が示された後、恵庭市としての対応を協議、決定するということです。


何かご不明な点があれば、かしわのまでお問い合わせください→090−2695−2880

LINEからもお問い合わせできます。
 ↓
友だち追加

高校生の学びの選択肢に支援を

恵庭市議会の柏野です。

恵庭市議会は、21日から一般質問が行われており、私は、明日24日の13時から登壇する予定です。

インターネット中継はこちらから
 ↓
http://www.kensakusystem.jp/eniwa-vod/live/index.html
昨年のタブレット導入以降、他の議員に対しては資料を共有できるので、できる限り関連する資料を共有しながら議論をしています。
本来であれば執行部ともこうした資料を共有できればさらに議論が深まると思うのですが、現時点ではそれはできないルールです。

もしネット傍聴をしていただける方がおりましたら、ぜひこちらの資料も併せてご覧いただけると、さらに詳しくご理解いただけると思いますので、ご参照ください(非常に多くてすいません)。

<一般質問通告内容>

1.高校生の学びに対する支援について

(1)高校生通学費補助制度の創設について

 平成21(2009)年の道立高等学校通学区域の石狩管内一学区化や高校授業料の無償化から約10年が過ぎました。子どもたちの学びの選択肢は増えた一方で、通学時間は伸びています。
 また、令和元(2019)年にはJR北海道が運賃の改定を行ったことにより、通学定期券も大きく値上がりし、通学費等の負担は増加しています。
 総合戦略で掲げる、妊娠・出産から就労への切れ目のない支援を実現するためにも、高校生の学びを経済的に支える仕組みが必要だと思いますが、補助制度の創設に向けた考えについて伺います。

(2)市内高校への収容率、地元進学率について

 一学区化以前と比較して、市内公立高校への収容率、地元進学率はどう変化してきたのか、市内に移転した高校への進学状況を踏まえて、今後どう変化していくことを見込んでいるのか伺います。

2.市営住宅の優先入居について

(1)ポイント方式等の導入について

 高齢化の進展に伴って、高齢、障がいなどの理由により、民間賃貸住宅では住宅の確保が困難となる世帯が増えています。
 しかし、市内においては、柏陽恵央団地建替事業による他団地移転などもあり、新規の市営住宅の募集は、以前と比べても少なくなっており、結果として、新規の入居は困難な状況にあります。
 ポイント方式等のように、より困窮度の高い世帯が優先的に入居できる新たな仕組みが必要ではないかと思います。近年の市営住宅の募集倍率や優遇措置による応募者の割合を踏まえて、新たな優先入居の仕組みについてのご所見を伺います。

 ①近年の市営住宅、募集倍率の推移について

 ②優遇措置による応募者の数、割合について


<参考資料>
1.高校生の学びに対する支援

1)地元進学率と収容率の推移(柏野作成)
2109_地元進学率と収容率の推移

2)R4_R6 公立高等学校配置計画
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kki/akd/HokkaidoAtarasiikoukou010.html
3)高等学校等就学支援金
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1418201.htm
4)高校入学準備金条例
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/soshikikarasagasu/kyouikuiinkaikyouikubu/kyoikusomuka/gakko_kyoiku/4/1954.html
5)学費等諸経費(北海高校)…私立高校の学費の一例として参照しています
https://www.hokkai.ed.jp/admission/costs.html
6)授業料等(新陽高校)…私立高校の学費の一例として参照しています
https://nyushi.sapporoshinyo-h.ed.jp/document/pdf/2021_guideline.pdf
7)主な区間の定期旅客運賃(2019年10月、JR北海道)
https://www.jrhokkaido.co.jp/fare/pdf/01_01.pdf
8)北広島市高等学校等交通費助成事業
https://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00132066.html
9)南幌町高校通学費補助制度
https://www.town.nanporo.hokkaido.jp/files/2021/04/R3チラシ.pdf
10)札幌市高等学校等生徒交通費助成
https://www.city.sapporo.jp/kyoiku/top/information/kotsuhijosei.html

2.市営住宅の優先入居について

11)市営住宅応募倍率(市営住宅運営委員会資料などから柏野作成)
2109_市営住宅倍率

12)市営住宅のご案内(恵庭市)
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/material/files/group/40/shieijyutakunogoannnai.pdf
13)国土交通省_優先入居通知
https://www.cao.go.jp/bunken-suishin/doc/4-20-kokudokoutsu_yusennyukyo.pdf
14)市営住宅(伊達市)
https://www.city.date.hokkaido.jp/hotnews/detail/00004469.html
15)公営住宅法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=326AC1000000193
16)公営住宅法
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=326CO0000000240
17)恵庭市営住宅条例
https://www1.g-reiki.net/eniwa/reiki_honbun/a032RG00000317.html#e000000330
18)恵庭市営住宅条例施行規則
https://www1.g-reiki.net/eniwa/reiki_honbun/a032RG00000318.html
19)恵庭市住生活基本計画
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/soshikikarasagasu/kensetsubu/jutakuka/shinokakushukeikaku/1/1/2343.html
20)恵庭市公営住宅等長寿命化計画
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/kurashi/shiseijoho/shinokakushukeikaku/kurashi_kotsu/5/6543.html
21)令和2年度第2回恵庭市営住宅運営委員会
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/soshikikarasagasu/kensetsubu/jutakuka/fuzokukikanto/1/1/1/12175.html



9/27から、25歳以上のワクチン予約開始

恵庭市議会の柏野です。

本日は、定例の議会災害対策会議(コロナ会議)がありました。

・ワクチン接種状況(9/15現在)

12歳以上 1回目、63.52%、2回目、52.47%
うち、65歳以上  1回目、89.68%、2回目、87.81%

全体のワクチン接種が50%を超えました。
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/coronajyohou/wakutinsessyu/12155.html

ワクチンのスケジュールの一部変更が報告されました。

現在30歳以上に案内を発送済みで、30歳未満については、今月下旬に案内を発送する予定でしたが、
現在予約を開始している35〜44歳の予約が想定よりも少なく、集団接種の枠に空きがでる可能性があります。
9/19(日)の予約枠もまだかなり空きがあるようです。


来週(21日)からは、30〜34歳の受付開始を予定していますが、同様の傾向が続くと、10月2日、3日の枠にも空きがでる可能性があるということで、急きょ25〜29歳の方に対して、明日ご案内を送付し、9/27(月)から受付を開始したいということです。

ここまで来れば、年齢枠を撤廃するということも考えられますが、案内状の送付事務にかかる作業時間などを考慮すると、限界があるため、対象を25歳までに限定したということです。

接種を希望される方は、案内をご確認の上、ウェブなどからご予約ください。


その後については、12〜15歳については、別な対応が必要になるため、
16〜24歳と12〜15歳で多少開始時期に差が出る予定ですが、9月下旬にはご案内が可能となる見込みですので、もうしばらくお待ちください。


何かご不明な点があれば、柏野までお問い合わせください。
090−2695−2880

LINEからもお問い合わせできます。
 ↓
友だち追加

30〜44歳のワクチン予約は9月中旬から

恵庭市議会の柏野です。

本日は定例の議会災害対策会議(コロナ会議)でした。


ワクチンの接種状況と、30歳〜44歳のワクチン予約の開始時期などの報告があったのち、私からは3点質疑を行いました。

○ワクチン接種(12歳以上)
1回目、54.97%
2回目、45.25%

そのうち高齢者
1回目、88.90%
2回目、86.25%


○30〜44歳のワクチン接種の案内
9/7(火)案内状の発送予定。

35〜44歳、9/13(月)〜受付開始予定
30〜34歳、9/21(火)〜受付開始予定

30歳未満、ワクチンの供給量や接種枠の確保状況を見ながら順次ご案内する。


柏野①スクリーニング検査の検討

政府による学校への抗原検査キットは実質的に、教員しか対応にならないとの報告。
独自に、定期的なスクリーニング検査の実施が必要では。

教育部長>感染が心配で欠席している児童生徒は、月1回の集計なので、8月分はまだ不明。
今回政府から配布される検査キットはスクリーニング用ではない。
PCRモニタリング検査も行事があったときなどで、全校生徒一斉のスクリーニングではない。
実施は予定していない。

保健福祉部長>家庭内感染が多くを占めている。
不安で登校できないという状況はあるが、スクリーニング検査などだけで不安の払拭になるのか。他の方法も検討していかないといけない。

柏野)もちろん、分散投稿やオンラインなど、他の方法もいいが、方法がないならば、まずは検討を進めては。


柏野②公共施設の原則休館

予約済みの利用は可能ということで、一部の(屋内)施設においては、部活動でもリスクが高いとされているスポーツなどの活動が行われている。
学校行事や部活動などの厳しい措置と整合性が取れず、感染対策について、市民から理解を得られない。

できる限り、活動は制限してほしくないが、感染リスクに対応した活動種別によって部分的な制限ができないならば、文化活動も含め、一律休館対応とすべきではないか。
予約済みか新規かで区分するのは感染対策上不合理。

教育部長)市民会館等、以前から、予約の入っているものについては、休館してしまうと影響が大きいので、原則休館だが、使用を認めている。
ただし、部活動では、学校以外の活動が休止となっているので、市民会館でも中止してもらっている。


柏野③学校行事の実施可否

運動会、修学旅行などの学校行事が延期などとされている一方で、小学校における就学前検診や幼児学級が予定通り実施されるとのこと。
学校の教育活動を守る観点からは、実施を延期すべきではないか。
宣言下で優先すべき事項とはいえないのでは。

教育部長>松恵小は9/1に終わった。
これから3校が宣言中に行う。4校が、宣言後に行う予定。今日の段階では、実施する予定。
今後、感染状況によっては、変更になることもあるかと思うが、宣言中に行う3校については、今後も、学校医、学校歯科医と調整していきたい。

柏野)学校によっては100人を超える子ども(複数の幼稚園、こども園に通っている)とその保護者が一同に会する行事をあえて宣言下の今やらなくてはいけないのか。
子どもたちの学びを守るために、1か月遅らせられないのか。

(質疑と答弁は要約です)


その他、他の方からは、
・障がい者施設における検査キットの配布状況
・市民相談の主な内容
・教職員、保育士などのワクチン接種の進捗状況
などの質疑がありました。


これまでのコロナ会議では、いい答弁をいただけなくても、その後対応していただけるケースがかなりあるので、
今回も改善されることを強く期待しています。

ご不明な点があれば、いつでもお電話ください→090−2695−2880

LINEからもお問い合わせできます。
 ↓
友だち追加

政策要望に向けたアンケートを実施します。

恵庭市議会の柏野です。

私たち「市民と歩む会」では、日頃から応援していただいている方たちだけではなく、幅広い市民の声を市政に届けるべく、どなたでも参加ができる報告会や対話の場を定期的に開催しています。

決算審査を踏まえて、毎年10月に提出する次年度の政策要望にも、多くのご意見を反映させるべく、政策要望に係る意見交換会の開催を予定しておりましたが、現下の状況に鑑み、本年度はオンラインアンケートでみなさんのご意見をお伺いします。

来年度に向け、また、将来にわたって、恵庭が住みよいまちとなるよう、ぜひ多くのご意見をお聞かせください。


「市民と歩む会、政策要望に関する意見募集」について(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=vLanAzBmOG8

アンケートはこちらから
https://forms.gle/ep15coXJ8sU9BRiU7


なお、アンケートの1次締め切りは9月8日(月)で、そこまでにいただいたご意見の中から、次の第3回定例会でも取り上げさせていただく予定です。
最終締め切りは、9月末です。
多くのご意見お待ちしております。


ワクチンの優先接種に妊婦が追加

恵庭市議会の柏野です。
本日は、議会の災害対策会議(コロナ会議)が開催されました。


私たちは、会派として6月に実施をしたアンケートの結果に基づき、
7月から、ワクチンの優先接種の対象に妊婦さんを追加することを求めてきましたが、
この度、正式に追加されることが決定されました。


対象は、市内在住の妊婦と恵庭で里帰り出産される方が対象となります。
条件としては、産科の担当医に相談の上、接種が可能な方です。
予約受付はコールセンターへの電話のみの対応となります。
予約は8/30(月)からの受付で、今後対象者へは個別の案内を送付します。
接種会場は、医療機関での個別接種のみの対応となります(集団接種会場では医薬品が限られているため)。



本日の会議では、北海道にも緊急事態宣言が発令されたことに伴い、特定措置区域の措置の詳しい内容などが報告されました。
また、この間に市議会から行った2件の要望に対する回答があり、独自の経済対策を実施する方向という回答がありました。
独自対策の内容は正式な議案として確定後に改めてご報告いたしますが、国や道の支援策の対象とならない事業者に対して、幅広く支援を行うものです。

道から示された措置の大枠は、報道されている内容に沿ったものですが、恵庭市における対応を中心に質疑を行いました。

<前回新岡議員が確認した点などの回答>

8/13に保護者向け、学校教職員向けに通知。
国や道の動き、学校の修学旅行、などを行った場合にPCR検査をモニタリング検査として実施。
抗原検査キット、学校に配布。

感染が広がった場合の、分散登校、オンラインの進捗状況。
5月の宣言時、各学校で時差通学の検討。授業時間削減、オンライン授業、ハイブリッドの検討について通知した。
時差、分散、事態がおきたときにすぐ対応できるよう、準備はしている。
今現在そういう事態にはなっていないが、すぐ対応できる。

ギガスクール端末。整備できた学校から、授業でも使っている。
中学校で1校、小学校で1校、自宅にいる児童生徒と、健康観察、google meetを使って、児童と先生が端末を使って、健康観察を行っている学校もある。
読書推進課との連携、恵庭電子図書館。端末で利用できる。

オンライン学習、中学校2校で、授業の様子を自宅で休んでいる子が自宅で端末で見ながら、試行実施。


報告事項がたくさんあったため、私からもたくさんの質疑を行いました。
主な内容は以下の通りです。

①公共施設の利用
予約済みのものは利用可能。宣言を受けて、内容によっては厳しくする必要もあるのでは。

>北海道の要請内容は(ほぼ)変わっていない。
スポーツ団体などは個別に緊急性などについて再検討を求めている。

②ネットを使わない市民への情報提供

③部活動

>本日から休止。

④感染不安による欠席者数

>資料がないため回答できない

⑤欠席者へのオンライン対応などの検討

>タブレット自宅学習、今後どういう形でできるか検討したい。
>オンライン学習、先生方、授業があるので、授業を行いながら、休んでいる人のオンラインとなると負担が大きい。どういう形でできるのか考えていきたい。タブレットもまだすべての児童生徒に配布されていない。
今後、全児童生徒にわたったら考えたい。

⑥分散登校、時差登校はどのような事態で実施をするのか。予防的な実施が必要では。

>現在は感染者が出た場合は、迅速に、幅広く、学校の一斉休校や、学年閉鎖、学級閉鎖などの措置を取っており、学校内での感染は抑えることができている。今後感染力が強い株が出てきて、感染が学校ないでひろまったときには、時差登校、分散登校も検討していかなければならい。

柏野)市中の感染が広がった時に、予防的にやらないと意味がないのでは。
公言検査キットの配布、9月以降ということだが、スクリーニング的に、独自実施も検討してほしい。
その上で、教育委員会としても保護者、子どもに安心してもらえる発信をぜひお願いしたい。

⑦ワクチン
北海道の集団接種、予約受付の状況。

>エミシア、25日から始まっており、26日で枠が埋まった。
25、26で恵庭の方が、約430名ほど申し込みをされた。

⑧妊婦の優先接種
優先接種の対象となったのはよかった。
家庭内の感染を防ぐには、妊婦の家族も優先接種の対象にならないのか。

>妊婦の同居人、パートナーの優先接種。
他の市町村では、パートナーも対象にしており、検討をしたが、恵庭は9月の上旬から中旬の予約枠がかなり厳しい。
妊婦さんの早期接種を目指すため、妊婦に限定する。
コールセンターでパートナー等の問い合わせがあった場合には、エミシアが予約可能なので、そちらを案内したい。
2人同時に接種をうけて、2人とも副反応が出でも困る。


このほか、ワクチンの進捗状況と、新たに集団接種会場における無料託児の実施の報告がありました。

○8/25現在、ワクチン接種の状況
12歳以上、全体
1回目、51.49%
2回目、38.98%

(そのうち65歳以上)
1回目、88.49%
2回目、85.36%


○託児
集団接種会場のうち、総合体育館のみ。
9/19(日)、10/3(日)、10/10(日)、10/24(日)
時間は、8:30〜16:30

託児を利用する場合、コールセンターにて予約をする(電話予約のみ)。


記載の内容以外でも、ご不明な点があればご連絡ください。

090-2695-2880 かしわの

LINEからもお問い合わせできます。
 ↓
友だち追加

16歳以上のワクチン予約が可能となります

恵庭市議会の柏野です。

20日のブログにも少し書きましたが、
調整中となっていた北海道による集団接種(ホテルエミシア)の対象年齢の拡大が決定となりました。
恵庭市民の方は、25日(水)9:00から、年齢に関係なく予約が可能となります。

45歳未満で、早期の接種を希望されている方は、この枠組みをご利用ください。

予約は、恵庭市ウェブサイトの中段の
・北海道ワクチン接種センター(札幌市)のリンクからお進みください。
https://www.city.eniwa.hokkaido.jp/coronajyohou/wakutinsessyu/12155.html
なお、接種可能数は、全体で週あたり約4000回で、そのうち3割が札幌市以外の石狩管内市町村分とのことです。
(1日あたり180〜210回分程度)


ワクチン接種は、本人の意思に基づいて受けていただくものです。
リンク先の恵庭市のワクチン情報からも厚生労働省のウェブサイトなどにリンクが貼られていますので、十分にご理解いただいた上で、判断してください。


ピックアップ記事

アーカイブ

RSSフィード

最近のコメント


    Warning: Use of undefined constant comments - assumed 'comments' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 928

    Warning: Use of undefined constant comments - assumed 'comments' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 928

    Warning: Use of undefined constant trackbacks - assumed 'trackbacks' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 929

    Warning: Use of undefined constant trackbacks - assumed 'trackbacks' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/dkashiwano/www/site/blog/wp-content/plugins/get-recent-comments/get-recent-comments.php on line 929

このページのTOPへ戻る