新着情報 information

2010.12.13

商店街の活性化を考える


今日は朝から町内会の餅つき大会。

世代間交流餅つき大会という名前の通り、20名を超える子どもたちが参加していましたが、今年は育成部との共同事業ということで、積極的に餅をついたり、丸めたり、いろいろなお手伝いをしてもらいました。

昨年は道議会議員補欠選挙のすぐあとで、あれからちょうど1年になります。
https://kashiwano.info/blog/b/2009/12/post-329.html

今度こそは、よい結果に結びつけられるようがんばって参ります。

さて。
おいしいお雑煮を食べたあとは、RBパークでの、「商業・商店街活性化を考えるシンポジウム」に行ってきました。

講師は『地域再生の罠』などの著作がある、久繁哲之介さん。

成功事例の表層をマネするのではなく、その本質、まちの特性をつかんだ上で、
情熱を持って取り組むことが重要。

恵庭の特性はやはり交通の便のよさ。
そして道内では若いまち。札幌をはじめとする近郊の人たちが、恵庭という場所を通じてクロスするしかけを増やしていければ、7万という人口以上の力が発揮できるはず。

いくつかのイメージが頭の中で少し形に近づきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: 失礼しました。1点、私の誤解があり...
  • 市民: >来年の7月までは勧告はできません。...
  • kashiwano: https://kashiwano...
  • 恵庭市民: 前に原因不明とされたが、それ以外の...
  • kashiwano:  悪臭防止法では、市長が法に基づく規...
  • 恵南町民: 悪臭防止法を、人の住んでいる市街化...

このページのTOPへ戻る