新着情報 information

2019.12.23

悪臭問題には適正な対処を


ご報告が遅くなりましたが、
第4回定例会では、3項目の一般質問を行いました。

①観光振興
②悪臭問題
③行政の政治的中立性

という3点ですが、コメントもいただいておりますので、
悪臭問題から、ご報告させていただきます。

今回、この件を把握したのは、10月下旬に柏木地区にお住まいの方から
ご連絡をいただいたことがきっかけでした。

答弁では、8月以降で100件を超える苦情が市役所には
寄せられているとのことでしたが、苦情が柏木以外、恵み野、文京などからも
寄せられており、臭気が相当の広範囲に渡っていることから、原因の特定は困難とのことでした。

一方で、この苦情とは別に、臭気の生ごみなどを扱う事業場に対する
立ち入り調査を行っており、臭気測定の結果、敷地境界における
濃度の規制基準を超えている事例を把握しているとのことであり、
それに対しては、「適切に行政指導を行っている」とのことでした。

いつまでの期限を設けて指導を行なっているのかを聞いても、
個別の事案には答えられないとのことです。

100件を超える苦情がありながら、「基準を超えたからといって、
ただちに法令違反ということではない」という答弁では、
とても「生活環境の保全と国民の健康」を目的とする悪臭防止法の
目的が果たされているとは言えません。

また、柏木地区には教育委員会所管の給食センターもあります。
8月に議員数名で給食センターを訪れた際には、
強い臭気を確認していましたが、
教育部長からは、「学校給食センターからはそういう話は聞いていない」
との答弁でした。
給食センターの職員さんは把握をされているのに、部長が把握をしていない
のだとすれば、組織として問題があります。


私も少し誤解している部分があり、不十分な点もあったのですが、ネット中継でもご確認いただけますと幸いです。
http://www.kensakusystem.jp/eniwa-vod/video/R01/R011204-2.html
(なお、悪臭問題については、56:40〜1:09:00のあたりです)

引き続き、勧告を出した後の対応については確認をしていきますので、
臭気の状況などについての情報がありましたら、ぜひお知らせください。

Tags: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

RSSフィード

このページのTOPへ戻る