新着情報 information

2021.07.10

9月末までワクチン供給には問題ない


定例議会は終わりましたが、監査のほうでは決算監査が始まっており、連日余裕のない日々を過ごしています。

ご報告が遅くなりましたが、7/8(木)に定例の議会災害対策会議(通称:コロナ会議)があり、その中で、新岡議員が市民から問い合わせをいただいた内容についても確認をしていますので、その点も含めてご報告します。


・直近のワクチン接種状況について

7/7(水)9時時点
1回目、16087名、78.32%(対象者に対する接種率)
2回目、7084名、34.49%(対象者に対する接種率)


・ワクチンの供給状況

第10クール目、今週、通知が来た。
7/19〜26 基本枠5箱、調整枠を加え6箱。

第11クール、8/2〜9、基本枠数、5箱。
第12クール、8/16〜23、基本枠数、4箱。

基本枠数は12〜64歳の人口割で国が割り振っているもので、必ず供給される。
恵庭市は9月いっぱいまではワクチンは持つ予定。


(質疑)

①恵庭の接種能力、週あたり4200回、2週間で8400回接種可能。
7/7に示されたもの、11クールで5箱、12クールで4箱。
(1箱=1170、5箱=5850回、4箱=4680回)
7箱〜8箱ないと足りないが、蓄えがある?

②新札幌の大規模接種会場、報道では、65歳未満も対象拡大となる?

>①これまで供給された分での多少の余裕があることと、
8月〜9月、お盆休みや集団接種会場の都合で使えない日があり、
接種可能回数が多少減少することも考慮すると、9月末までは持つという計算。

>②新札幌の集団接種。
エミシアは、モデルナを使っているので、現状の恵庭市のシステムでは予約できない。
システム改修が必要になる。
道には、7月以降も、高齢者が終わったら64歳以下の分も継続して、集団接種会場として、恵庭市民も対象としてほしいという要望を出している。
8月上旬までは、2回目分の予約が入っているので、8月以降の分でないと、新たな予約の受付はできない。


③ エッセンシャルワーカーの接種時期

>高齢者の78%が1回目を終えている。
枠に空きがある日もある。そういうときには、エッセンシャルワーカーを事業所ごとに調整を図り、接種を行なっている。
枠の空きは直前にならないと確定しないため、調整を図りながら、少しでも早い接種ができるように努めている。


最短で、エッセンシャルワーカーや基礎疾患を持つ方が、いつから接種(予約)できるのか。

>(予約は)7月の末の週しか空きがない。
集団接種は8/1〜が1回目の枠。これ以降は、かなりの数の予約が可能。
基礎疾患のある方はかかりつけ医の予約が多いと予想されるので、医療機関ごとの予約状況は異なる。


④予約コールセンター、土日は取り消しのみ?

>現在は、平日の電話予約とウェブ予約のみ。
土日の電話予約受付についても、今後検討する。



報告、質疑の内容を元に、要約していますが、表現の不明な点はかしわのまでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: このときの趣旨としては、マニュアル...
  • Anonymous: 普通に家に人が来ても、いらっしゃい...
  • kashiwano: 午後に提出したものの、すでに午前中...
  • kashiwano: 地方自治法第99条で、自治体議会は...
  • 匿名希望: 3月 那覇市議会が「チベット・ウイグル問...
  • kashiwano: 市内産婦人科が、平成30年11月で...

このページのTOPへ戻る