新着情報 information

2021.10.06

 財政運営の基本指針の見直し


恵庭市議会の柏野です。

昨日は私の所属する総務文教常任委員会が開催されました。

委員会に付託となった2件の陳情の審査のほか、以下の16件の報告がありました。

令和3年10月5日(火)

<総務部>
No1 令和3年度人事院勧告について

No2 令和2年度恵庭市内部統制制度(試行実施)の報告書について

No3 中期財政収支見通し

No4 財政運営の基本指針の新たな考え方

No5 ネーミングライツの導入に関するガイドラインの策定について

No6 指定管理者モニタリング会議報告01
No6 指定管理者モニタリング会議報告02
No6 指定管理者モニタリング会議報告03
No6 指定管理者モニタリング会議報告04
No6 指定管理者モニタリング会議報告05

【当日配布】車検切れ公用車の公務使用ついて

<企画振興部>
No7 地方創生の推進について

No8 学生応援事業の推進について

No9 サイクルフェスタ・恵庭2021の実施について

No10 恵庭市自転車活用推進計画(案)・中間報告(概要版)

No11 市史契約変更

<教育部>
No12 GIGAスクール構想による児童生徒用パソコン端末の活用について

No13 新型コロナウイルス感染拡大に伴う小中学校の学校行事について

No14 生涯学習施設かしわのもりの指定管理者の公募について(進捗状況)


<選挙管理委員会>
No15 商業施設における期日前投票所の開設等



その中で、私が注目をしたのは、No4 「財政運営の基本指針の新たな考え方について」です。

恵庭市では、いわゆる「三位一体の改革」以降、財政収支計画を策定し、中期的な財政の見通しを示してきました。
予算編成における財政規律を確立し、安定した財政運営のため、平成25年に「基本指針」を策定し、それに基づいて、5か年の収支見通しをつくり、毎年更新をしてきました。
これが、健全な財政運営のために大きな役割を果たしてきたと思います。
一方で、策定から8年が経ち、その間のふるさと納税の増加などにより、実態と合わなくなってきた指標が出てきたことも事実です。

私は、見直し自体は必要なことだと思うものの、近い将来の人口減少が避けられない状況のもとで、借金を増やす変更には慎重であるべきだと考えています。
また今回のコロナのような状況では、財政調整基金の備えも、基準としていた額では足りなくなっていたことを考慮すると、今回改定しようとしている以上の積み増しが必要だと思います。

今回の見直し案では、これまで年平均で12億円程度にとどめていた地方債の発行額を年平均で15億円程度まで増やそうとしており、年間の最大額の目安を18億円としています。今後は、以前借りた借金の返済額が増えていくことから、「地方債の元金償還額以内」で新たな借金をしてしまうと、人口1人あたりの借金残高は増えていくことになってしまいます。
「10年後に今よりも増えなければいい」ではなくて、明確に「減らす」目標とし、「将来の人口1人あたりの借金が減らなければいけない」と思います。

また、財政調整基金は、基準額を今よりも増やし、標準財政規模の10%程度(=約15億円)とするとしていますが、令和2年度に一時的に取り崩した最大値が約15億円であったことから、15〜20%程度(22〜30億円)を基準とすべきではないかと思います。


そのほか、初日に付託された陳情の審査では、私以外の委員の反対により、2件の陳情は「不採択とすべきもの」とされました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

RSSフィード

最近のコメント

  • kashiwano: この時点での答弁としては十分ではな...
  • Anonymous: 週刊文春に持ち込んで大事になれば...
  • kashiwano: 市の情報発信のあり方については、こ...
  • よきこ: お早いご回答をありがとうございます。...
  • kashiwano: コメントありがとうございます。...
  • よきこ: 初めてコメントいたします、現在妊娠...

このページのTOPへ戻る